発毛剤の種類

発毛剤の種類について【飲む育毛剤・塗る育毛剤のご紹介】

発毛剤には、「飲むタイプ」と「塗るタイプ」の2種類があります。

 

飲むタイプは、「育毛を阻んでいる原因を、内側から排除する」ということを前提としており、「塗るタイプよりも効果が強い」という特徴があります。

 

ただし、飲む育毛剤の場合、効果が強いだけに副作用も強くなってしまいます。

 

今回は発毛剤にはどのような種類があるか?
薄毛改善効果がある育毛剤も併せてご紹介します。

 

飲む育毛剤・発毛剤のタイプ分類は?副作用はあるの?

飲むタイプには、「フィナステリド系」「ミノキシジル系」「サプリメント系」という三つの種類があります。

 

フィナステリド系は、副作用がミノキシジルよりは少ないですが、あります。。
ミノキシジル系は、飲むタイプの中でも効果が高いのですが、副作用は強めです。
サプリメント系は、医薬部外品なですので、副作用もありませんし、効果も見込めます!

 

常に口コミで話題になる「フィナステリド」と「ミノキシジル」
発毛剤の種類を論じると常に話題になるのが、このフィナステリドとミノキシジルです。

双方とも効果はあります。
ただ同時に副作用もありますので本当に使用したい方は医師の診断を受けるようにしましょう!

 

飲む育毛剤の代表は、「プロペシア 」「ミノキシジルタブレット」「フィンペシア」の3つ!

日本でよく口コミなどで上がる飲む育毛剤は上記3つです。

 

ただ国に認定されているのはプロペシアのみです。
このプロペシアはフィナステリド系と呼ばれる飲む発毛剤です。

 

他の種類は認定されていない不安定な信頼性ということを覚えておきましょう。

 

また3つともに副作用報告もあり、性欲減退や多毛症などの副作用報告があります。

 

購入手段はプロペシアは認可されているので、医師の診断があれば処方されると思います。
しかし他の2つは通販などで購入できますが、副作用のリスクがありますのでオススメしません。

 

 

飲むサプリ

 

同時に今話題の医薬部外品育毛サプリメント!
上記のようなフィナステリド系やミノキシジル系と呼ばれるものは副作用もあるため最近では医薬部外品のサプリメントが人気急上昇中です。

チャップアップシリーズは、厚生労働省認可の商品もあり、とても信頼性も高い商品となっております。

 

医薬部外品でも国の審査がるため、厚生労働省認可のチャップアップは薄毛改善効果がありますよ。

 

そもそも飲む発毛剤にはどんな作用があるから薄毛改善になるの?

飲む育毛剤にはどんな効果があるので薄毛改善に効くのでしょうか?

 

そもそものところでいうと、塗るタイプの育毛剤と効果の要因は変化ありません。

 

しかし、直接体内に摂取することで、塗るものより効果が高いんです。

 

しかし、プロペシアの男性ホルモンの抑制効果やミノキジジルタブレットの発毛効果などは、
塗る育毛剤でも効果は実現出来るため、利用する発毛剤の種類で悩んでいる方は、
塗る方から利用する方がリスクがないと思います。

 

塗るタイプは発毛剤と育毛剤に分けられる

飲むタイプには、フィナステリド系やミノキシジル系といった副作用がある発毛剤と
薄毛改善効果はあり、厚生労働省認可であるが、副作用がない医薬部外品の育毛剤があるという事を上記で説明しました。

 

それと同様に塗るタイプの発毛剤と育毛剤についてもご紹介します。

 

国内で認定されている発毛剤は「リアップ」のみ

国内で認定されている発毛剤はリアップのみでこれはミノキジジルタブレットと同等で発毛効果があります。

 

医薬品と呼ばれる分類に認定され、正しい処方をしないと副作用のリスクがあります。

 

 

ただ本来の薄毛で悩む原因の本質は、男性ホルモンと頭皮の異常ですので、
実際に無理やり発毛効果であるミノキシジル配合のリアップを利用しても一過性でしかないです。

 

本質的な薄毛改善は、男性ホルモンの抑制と頭皮の正常化です。

 

その意味ですと、リアップは即効性が高いため需要がありますが、使い続けないと薄毛になりますし、
副作用リスクもあるのでオススメできません。

 

(リアップは医師の診断が必要です)

リアップ

薄毛改善効果があり副作用がない医薬部外品の育毛剤

育毛剤には2種類あり、

 

・薄毛改善効果があり副作用リスクがない医薬部外品の育毛剤
・医薬品でも医薬部外品でもない育毛剤(効果があるかわかりません)
上記の2種類です。

 

チャップアップやイクオスのような厚生労働省認可の育毛剤は医薬部外品の育毛剤であり、
市販のドラッグストアで販売している大半は普通の医薬部外品でもない育毛剤です。

 

一般的に、塗るタイプは育毛成分を頭皮に直接付けるので、頭皮の環境を改善するのには役立ちます。

 

しかし、成分が頭皮の奥まで浸透しないと、効果が弱くなってしまうので、血行促進作用のある物を使うのがよいですが、頭皮をキレイにすることだけが目的なら、アミノ酸系のシャンプーと併用することがよいでしょう。

 

頭皮マッサージ

育毛剤の効果を高めるには頭皮マッサージは不可欠です。
ツボ押しも意識しながらしっかりと毎日頭皮マッサージをしましょう。

※注意
また、効果が出るまでに時間がかかるので、少なくとも半年は同じ物を使うようにしてください。

 

沢山の種類がある発毛剤や育毛剤!選び方は?

上記の説明でもはなしたように

 

発毛剤と育毛剤の種類は5つあり

・医薬品の発毛剤「リアップ」
・プロペシアなどの飲む発毛剤
・チャップアップサプリなどの医薬部外品の飲む育毛剤
・チャップアップやイクオスなどの医薬部外品の育毛剤
・医薬部外品でもない普通の育毛剤
の4種類です。

 

飲む発毛剤>医薬品の発毛剤>医薬部外品の飲む育毛剤>医薬部外品の育毛剤>育毛剤

 

上記のような効果の順序ですが、同時に副作用のリスクも上記のような序列になっています。

 

正直多毛症や性欲減退、精子減少などの副作用のリスクを負ってでも薄毛改善したい場合、
飲む発毛剤利用が良いと思いますが、医薬部外品の育毛剤でも十分に薄毛は改善されます。

 

なぜなら
飲む発毛剤やリアップが改善するよりも本質的に薄毛を改善する成分が含まれているからです。

 

まずは塗る育毛剤から試すことがオススメですよ。

 

 

こんなに沢山の種類があるのにどう商品を選べば良いのでしょうか?

シャンプー、サプリ、発毛剤、育毛剤、確かに種類は沢山ありますね。
では選び方ですが、まずは頭皮環境に問題があるか否かを判断しましょう。
問題がなく、それでも薄毛がある場合は男性ホルモンと頭皮環境に影響がある製品を選びましょう。

 

影響があるかどうかはしっかりと商品成分を見ましょう。
天然由来の成分とキャピキシルやノコギリヤシのような有効な育毛成分があるかどうかを判断しましょう。

 

チャップアップ、イクオス、ポリピュアなどの医薬部外品の育毛剤は両方の成分を配合しています。

 

 

オススメの育毛剤のランキングがこちら

髪のゴールデンコースは、自宅ケア&育毛シャンプー、育毛剤or育毛サプリの合わせ技!

薄毛に悩む方は、まず自宅でのケアを重視しましょう。

 

薄毛の原因を遺伝という方も多いですが昨今では
遺伝<日ごろの生活習慣
上記の生活習慣(食事・睡眠・ストレス・コリなど)に問題があるという見識が高まっています。

 

規則正しい生活習慣

 

ですのでまずは日ごろの生活習慣の改善に取組みましょう。

 

そしてその後は、やはり抜け毛のもとを絶つ事でしょう。
頭皮は、血行不良や皮脂油の蓄積で頭皮環境が健全ではないことが髪の健全な成長サイクルを棄損し、
抜け毛につながる要因を作りだします。

 

育毛シャンプー

ですので、まずは頭皮改善の育毛シャンプーにより、この問題を改善します。

 

オススメの育毛シャンプーはこちら

 

そしてその後は育毛剤or飲むサプリメントで育毛効果を体内から変えていきます。
これに育毛剤の場合は頭皮マッサージを加えることで薄毛改善のゴールデンコースを形成することになります。