発毛剤の種類

発毛剤の種類について【育毛サプリのご紹介】

発毛剤には、「飲むタイプ」と「塗るタイプ」の2種類があります。

 

飲むタイプは、「育毛を阻んでいる原因を、内側から排除する」ということを前提としており、「塗るタイプよりも効果が強い」という特徴があります。
ただし、値段が高いため、経済的に余裕がないと続けていくのが困難ですし、効果が強いだけに副作用も強くなってしまいます。

 

飲むタイプには、「フィナステリド系」「ミノキシジル系」「サプリメント系」という三つの種類があります。

 

フィナステリド系は、副作用がミノキシジルよりは少ないですが、あります。。
ミノキシジル系は、飲むタイプの中でも効果が高いのですが、副作用は強めです。
サプリメント系は、医薬部外品なですので、副作用もありませんし、効果も見込めます!

 

常に口コミで話題になる「フィナステリド」と「ミノキシジル」
発毛剤の種類を論じると常に話題になるのが、このフィナステリドとミノキシジルです。

双方とも効果はあります。
ただ同時に副作用もありますので本当に使用したい方は医師の診断を受けるようにしましょう!

 

飲むサプリ

 

同時に今話題の医薬部外品サプリメント!
上記のような医薬品と呼ばれるものは副作用もあるため最近では医薬部外品のサプリメントが人気急上昇中です。

チャップアップシリーズは、厚生労働省認可の商品もあり、とても信頼性も高い商品となっております。

塗るタイプは一般でいう育毛剤!

一方、塗るタイプは育毛成分を頭皮に直接付けるので、頭皮の環境を改善するのには役立ちます。

 

しかし、成分が頭皮の奥まで浸透しないと、効果が弱くなってしまうので、血行促進作用のある物を使うのがよいですが、頭皮をキレイにすることだけが目的なら、アミノ酸系のシャンプーと併用することがよいでしょう。

 

頭皮マッサージ

育毛剤の効果を高めるには頭皮マッサージは不可欠です。
ツボ押しも意識しながらしっかりと毎日頭皮マッサージをしましょう。

※注意
また、効果が出るまでに時間がかかるので、少なくとも半年は同じ物を使うようにしてください。

 

こんなに沢山の種類があるのにどう商品を選べば良いのでしょうか?

シャンプー、サプリ、発毛剤、育毛剤、確かに種類は沢山ありますね。
では選び方ですが、まずは頭皮環境に問題があるか否かを判断しましょう。
問題がなく、それでも薄毛がある場合は男性ホルモンに影響がある製品を選びましょう。

 

影響があるかどうかはしっかりと商品成分を見ましょう。
天然由来の成分とキャピキシルやノコギリヤシのような有効な育毛成分があるかどうかを判断しましょう。

 

 

 

オススメの育毛剤のランキングがこちら

髪のゴールデンコースは、自宅ケア&育毛シャンプー、育毛剤or育毛サプリの合わせ技!

薄毛に悩む方は、まず自宅でのケアを重視しましょう。

 

薄毛の原因を遺伝という方も多いですが昨今では
遺伝<日ごろの生活習慣
上記の生活習慣(食事・睡眠・ストレス・コリなど)に問題があるという見識が高まっています。

 

規則正しい生活習慣

 

ですのでまずは日ごろの生活習慣の改善に取組みましょう。

 

そしてその後は、やはり抜け毛のもとを絶つ事でしょう。
頭皮は、血行不良や皮脂油の蓄積で頭皮環境が健全ではないことが髪の健全な成長サイクルを棄損し、
抜け毛につながる要因を作りだします。

 

育毛シャンプー

ですので、まずは頭皮改善の育毛シャンプーにより、この問題を改善します。

 

オススメの育毛シャンプーはこちら

 

そしてその後は育毛剤or飲むサプリメントで育毛効果を体内から変えていきます。
これに育毛剤の場合は頭皮マッサージを加えることで薄毛改善のゴールデンコースを形成することになります。