日々の頭皮ケアについて

日々の頭皮ケアについて

頭皮ケア

育毛剤を使用するにあたって頭皮や毛根のケアも大切な発毛プロセスのうちです。

 

なぜなら、育毛剤の目的は頭皮環境の正常化にあり、その為には育毛剤を浸透されないといけません。
しかし頭皮や毛根が浸透しにくい状態であると、育毛剤が浸透されにくいのです。

 

なのでこの頭皮ケアのプロセスはとっても大事な過程であるといえます。

 

日々の頭皮ケア

日々の頭皮ケアには
・頭皮マッサージ
・シャンプー・ドライヤーの正しい使い方
・朝シャンの禁止
などがあります。

 

下記にて紹介します。


頭皮マッサージは育毛に効果があるか

薄毛になってしまった場合はいろいろな方法で対策をすることになりますが、その中で頭皮マッサージをすることによって薄毛対策をすることがあります。

 

頭皮マッサージとは文字通り頭皮をマッサージすることですが、これによって頭の血流の流れが良くなり、栄養分がしっかり髪の毛まで行くことによって薄毛を解消することができます。

 

頭皮マッサージ

そのため頭皮マッサージをすれば育毛の一定の効果を得ることができると言えます。

 

 

しかし薄毛対策をするために頭皮マッサージをするにおいて気をつけておきたいのは誤ったやり方をしてしまうと逆効果になってしまうということです。

 

マッサージをするにおいて一見力を入れてやったほうがより高い効果を得られると考える人もしますが、頭皮マッサージをするにおいて力を入れてやってしまうと頭の血管に悪い影響を与えてしまい、栄養分が髪の毛に行き届かなくなってしまいます。

 

頭皮マッサージをするのであればあまり力を入れずソフトな感じでやるのがいいと言えます。

 

また、かゆみがあるからといって爪を立ててゴシゴシと擦るのは尚更NGです。

 

爪を立てずに、指の腹を使うようにしてゆっくりと揉み込むようにするのがコツです。

 

髪の毛をグシャグシャと擦るのではなく、指の腹を頭皮に押しつけて、ギュッギュとゆっくり揉むようにしてみてください。
こうした優しい刺激でも十分に効果があり、頭皮の血行促進になるのです。

 

特に忙しい朝には慌ただしくゴシゴシとマッサージしてしまいがちですが、丁寧に揉み込むようにクセをつけましょう。

 

また頭皮マッサージだけをすれば薄毛を解消することができるというわけではありません。
あくまで頭皮マッサージは他の方法と併用してやることによって薄毛を解消することができるというものなのでその点をしっかり認識しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

朝シャン

朝シャン

朝にシャンプーをしないと気がすまないという人もいるかもしれません。
また、朝もシャンプーをした方が頭皮環境が清潔に保たれて、発毛には良いのでは?と考えている人も多そうです。

 

ただ、実際は発毛の観点からいうと、朝シャンは決して良いものだとは言えないのです。
それはどうしてか?というと、シャンプーの残存物が残りやすいのです。

 

洗い残しやゆすぎ残しなどが忙しい朝には多くなるのです。

 

ですので基本的には夜に1回シャンプーを十分してもらえれば、それでかなり汚れは落ちます。
1回のシャンプーでちゃんと汚れが落ちていれば問題ないです。


シャンプー・ドライヤーの正しい使用方法

頭皮のケアでは、いつもシャンプーなどをして清潔に保つことが大切ですが、ゴシゴシと洗うことはNGです。
ゴシゴシと洗うことによって、頭皮は傷がついてしまいますし、毛穴の汚れもつまったままで油や汚れが沢山の汚い毛穴になってしまい、髪の毛が伸びることができなくなってしまい、育毛の妨げとなってしまいます。

 

ですから、日頃のシャンプーから丁寧に指のはらでマッサージをするように洗うようにします。

 

そうすることによって、毛穴の油や汚れは綺麗に洗えることができます。

 

洗い終わった後に、泡が残らないように丁寧に洗い流すことも大切です。

 

洗い残し

少しでも泡など残っていたら、髪の毛なも頭皮にも悪いので、育毛の妨げとなってしまいます。

 

日頃のケアと発毛剤の使用方法を守って行うことによって、育毛は確実にしていきます。

 

ドライヤー

髪の毛を洗うことによって汚れをしっかり落とすことができるので頭皮を清潔に保つことができ抜け毛の予防をすることもできます。

 

現在の世の中ではより人の外見が重視されることが多いですが、自分の印象を悪くしてしまう薄毛にならないためにも抜け毛の予防はとても大事です。

 

髪の毛を洗った後はドライヤーを使用して髪の毛を乾かすことになるのですが、この乾かし方というのが大事になってきます。

 

なぜなら頭の髪の毛の乾かし方を誤ってしまうと髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼし、薄毛の要因となってしまうことがあるからです。

 

正しいドライヤーの使い方

 

そこで頭の髪の毛を洗った後にドライヤーを使用して乾かす場合はどのようにするといいのかというと、
まず濡れた状態が長く続くと頭皮が冷えてしまい、頭の血流の流れが悪くなってしまいます。
そのため早めに頭の髪の毛を乾かすことが大事であると言えます。

 

またドライヤーを使用するにおいて、風の温度が高すぎると今度は髪の毛に強い刺激が伝わってしまい悪い影響を与えてしまうことになります。
そのためドライヤーの風の温度を適度に調節することが大事です。
また髪の毛にあまりドライヤーの風を当てすぎないようにしましょう。

 

[ドライヤーの役割と正しい使い方]
髪の毛を洗った後、ショートヘアの人はタオルドライで済ませてしまう方もいるかも知れません。

 

しかし、乾いたように見えていても実はまだ水分が残っていて、それが雑菌の繁殖したり、埃やカビが付着したりします。
濡れた状態はキューティクルが開いている状態なので傷みやすいこともありますのできちんとブローして乾かすことが髪の毛の健康には大切です。
その為、ドライヤーの1番大切な役割は髪の毛を乾かすことなのです。

 

ドライヤーも正しく使わないと熱風で髪の毛を傷めます。
タオルドライをした髪の毛に左右に揺らしながらドライヤーを当てます。
早く乾かそうと近づけがちですが、近すぎると髪を傷めるので、10cm以上離して下さい。
乾かす順番は髪の根本から徐々に毛先に向けてブローします。
温風で乾かして、最後のところを冷風を使って水分を飛ばします。毛先は枝毛などになりやすいので、オイルをつけてからのブローがお勧めです。

(体験談)頭皮のべたつきが気になっています

抜け毛が増えてきたのは、頭皮のべたつきが原因なのかもしれません。
この頭皮のべたつきをこのままにしておくと、肌トラブルの原因になってしまうのです。
フケが出やすくもなるのです。

 

フケ

 

毎朝枕を見ると、いくつもの髪の毛があります。
私が寝ている間に抜けたのでしょう。
この抜け毛を解消したくて、毎日マッサージをしています。
これは育毛にもとても良いマッサージでもあるのです。

 

育毛剤を使った時、そのままにしておくのでなくてマッサージも併用するのです。
これがべたつきをなくして、さらっとした爽やかな頭皮にしてくれるのです。

 

頭皮には顔に比べて、皮脂腺がとても多いのです。

 

だから皮脂の分泌量も多いのです。

 

それをほっておくと、べたつきが気になってくるのです。

 

皮脂を押し出すようにマッサージをするのです。

 

これが結構気持ち良いので、頭もスッキリできるのです。

 

頭皮のこりもほぐれるので、毎日するだけで爽快感が出てくるのです。

 

べたつきだけではなくて、頭が疲れている時や寝不足の時にもマッサージをするととても気持ち良くなれます。
毎日の日課になっているのです。

 

頭を洗う時も洗いすぎないようにしたいです。

 

そしてしっかりと泡切れできているか確かめるようになりました。

 

そしてタオルでふき取る時は、ゴシゴシしないで優しく水分をふき取るようにしています。
ちょっとした心遣いが、頭皮の環境を変えてくれるのです。

 

そしてべたつきのないサラッとした頭皮になれるのです。

 

発毛剤口コミランキングはこちら