発毛と食事

発毛に効果のある食事

発毛の基本は、規則正しい食事で栄養をしっかりと摂ることです。
栄養の不足や偏りは髪の毛にとってよくない事です。

 

不規則な食事が髪の毛にとってよくない理由

不規則なわかりやすくいうと欧米っぽい食事という事です。
最近ファストフードやコンビニで肉や揚げ物などの食事をする人が多くなりました。
これは動物性脂肪の摂取量が欧米になったと同意です。

 

欧米の薄毛人口の多さはかなり高い水準です。
ですので欧米系の食事をしていると薄毛の原因になりやすいということです。

欧米系食事

 

髪に必要だとされている成分

髪にとって大切な栄養素にビタミンや亜鉛があります。
細胞の機能を活性化させ、髪や頭皮を健康に保つにはビタミンや亜鉛は必要不可欠です。

 

ビタミンとは、レモン、オレンジ、いちごなどの柑橘系や亜鉛は牡蠣などに含まれています。
ですが、欧米系の食事だけだと髪の基本成分であるケラチンのもととなるたんぱく質は摂取できますが、
食事全体としてはバランスが悪いということになります。

 

不規則な食事は単体の食物がだめだということではなく、全体バランスが良くないということになります。

 

 

髪の毛を育てるために、必要な栄養を含んだ食べ物・成分を紹介していきます。

 

規則正しい食事

 

たんぱく質

髪の毛はケラチンというタンパク質からできています。
ですから発毛には、なによりタンパク質が必要となってきます。
これは肉や魚、大豆製品、乳製品、カキなどがそれに該当します。
豆は吸収効率もよく脂質の少ない優れた食材です。
また、イソフラボンといった成分も含まれており、抜け毛にも効果があります。

 

カキ

ヨード

甲状腺の働きを助け、髪の発育を助けるのがヨードです。
ヨードを多く食品としてわかめ、ひじき、昆布などの海藻類が該当します。

 

ビタミンA、ビタミンE

抜け毛を予防するには、血行不良を改善する必要があります。
血行をよくするのはビタミンEやビタミンAになります。
にんじん、カボチャなどの緑黄色野菜や玄米、ごま、なっつ類が多く含まれます。

 

緑黄色野菜

 

ビタミンB

頭皮の新陳代謝を助けるものとしてビタミンBは有効です。
玄米、豚肉赤身、レバー、マグロなどです。

 

ビタミンBは何種類がありますが、そのなかで摂っておきたいものは「ビタミンB6」です。
鯵や鯖といった青魚に多く含まれています。その他に「ビタミンD」も黒髪を作るのに必要とされています。

 

コラーゲン

髪の艶ななんといってもコラーゲンです。
レンコンや納豆がいいです。

 

納豆

 

エイコサペンタエン酸

血液の凝固力を下げてコレステロールが溜まるのを防ぐのがこのエイコサペンタエン酸です。
いわし、さばなどが多く含まれています。

 

ミネラル

最後に、ミネラルですが、特に「亜鉛」は発毛のミネラルとも言われ、脱毛を抑える働きがあります。
多く含まれる食材は牡蠣や青魚、緑茶です。

 

まとめ

いくつか紹介しましたが、これがいいからといって、ひとつのものばかりを極端に食べることはあまり良いとは言えません
あくまでも、食事のバランスが重要です。
偏って摂取していては、せっかくの栄養が活用できなくなってしまいます。

 

食事という日々のケアで薄毛はかなり改善できるともいわれています。
しかし、もし即効性が高いものを試したいからは育毛剤をオススメします。

 

育毛剤のオススメランキングをご紹介!!

 

発毛と食事記事一覧

多彩な品目を摂取し発毛を促進させる

栄養の偏りというものは、体に対...

≫続きを読む

AGA対策にも食生活は重要

薄毛になってしまう原因はさまざ...

≫続きを読む

食事でも発毛効果がでないなら・・・

髪の毛が薄くなってきたので、良...

≫続きを読む

外食と毛髪の状態との関連性

抜け毛でお悩みの方々には、共通...

≫続きを読む