はげに効く薬

はげに効く薬はたくさん種類があります

特に男性にとって抜け毛が多くなると「はげ」を気にしてしまいます。

 

祖父や父親がはげていると自分も遺伝をしているのではないかと若いころから気になるものです。

 

薄毛になってきた

 

男性の薄毛やはげの原因のほとんどは男性ホルモンが関係するAGAです。

 

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという物質によって悪玉のホルモンに変わり、それが毛母細胞の働きを衰えさせることによってヘアサイクルを乱してしまうことによって抜け毛や薄毛を引き起こすことがわかってきて今では専門のクリニックがあり、有効性のある治療薬も処方してもらうことができます。

 

 

市販の育毛剤や育毛シャンプー、はげ予防のためのサプリメントなどもあります。

 

 

市販の育毛剤などに使われる原料ははげに効果があるといわれる薬用成分であったり、植物などの天然由来のものの中から発毛や育毛に効果があるといわれるもの、また血流を良くし頭皮にまで血液や栄養をいきわたらせることができる天然成分を配合して作られているので副作用が少ない分効果が現れるのもゆっくりとなります。

 

 

日本皮膚科学会では男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成し公表していますが、その中には市販の育毛剤などに配合されている成分などについても検証をしていますが、その中ではしっかりとした多数のデーターが揃っていて、しかも副作用が少ないということでミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬が一番推奨されているのです。

 

 

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として高血圧の治療に用いられ、それを頭皮に塗布することで頭皮の血流がよくなり毛母細胞にも栄養が行き届くという検証データがあります。

 

参考サイト:ミノキシジル検証専門サイト

 

フィナステリド内服薬はもともと前立腺の治療に用いられ、男性ホルモンの分泌を調整する薬ですが、男性ホルモンの分泌量を調整することが毛母細胞にダメージを与える悪玉の男性ホルモンを増やさないということになりはげの治療に有効なのです。

 

 

このように実際に薄毛やはげの人たちを対象に検証をした結果データをもとにガイドラインが作成されていて一番推奨されているミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬は今では専門医の処方で入手をすることができます。

 

 

市販の育毛剤やサプリメントは有効性が低いということではなく、それらに配合されている成分の検証データーが不足しているという理由だけで推奨度が低いというものもあります。

 

 

臨床実験でそれらの成分についてもデーターが揃い有効性が認められればガイドラインでの推奨度が上がる可能性のものもあります。

 

 

現在のところはミノキシジルとフィナステリドが最も推奨されていて専門医の診療を受けることで早く効果が現れるとされています。

 

 

昔と違って現在は、はげの原因が確定され、その治療や改善に良いとされる成分がたくさんあり、育毛剤やシャンプー、サプリメントなどでたくさん販売されています。

 

そしてそれらの成分の中でも最も推奨されているミノキシジルとフィナステリドは専門医での処方となっています。

 

 

このようにはげに効く薬はたくさん種類があるので、はげになることを恐れることはないのです。

 

専門医に診療をしてもらわなくても市販の育毛剤も種類が豊富なので、その中に自分に合うものがみつかることもあります。

 

 

そして頭皮環境を整えることや生活習慣をよくすることも大切です。
頭皮が汚れて毛穴が詰まっていると毛ははえてくることもできません。

 

 

血液循環が悪くて頭皮にまで十分な栄養がいきわたらないと、毛が生えてきても充分成長しない原因にもなります。

 

血液の状態を良くし循環をよくすることは体の健康にもつながるのです。

 

 

脂っこいものばかりを食べて運動をしなかったり喫煙や過度な飲酒は血液をドロドロにし、頭皮にまで栄養がいきわたらなくなるのです。

 

 

頭皮環境や生活習慣をよくすることも意識し、はげに有効な治療薬を用いて薄毛の改善を試みてみましょう。

 

 

発毛剤ランキング研究所はこちら