発毛に効く発毛剤成分

発毛や薄毛改善に効果的な発毛剤の成分について

発毛剤や育毛剤は数多く存在しますが、実際にどの成分が効くか分からない。
そう思う方が多いと思います。

 

ですので今回は発毛に効く成分についてご紹介します。

 

効果はあるけど副作用があるもの、効果があり副作用がないものがあります。

 

商品に対する自信が深まることは、薄毛改善に繋がるという事は因果としてはあるようです。
是非、一読して詳しくなってください。

 

薄毛改善効果があり、副作用がない発毛成分について

まずは効果はあるけど副作用がないものをご紹介いたします。

 

実際に発毛剤商品画像も踏まえてご紹介します。

 

【発毛に効く成分】ノコギリヤシ

副作用がないヤシ科の一種の発毛成分。
実は前立腺肥大に効果もあるという一説もあります。

 

抜け毛や薄毛対策の医薬部外品の育毛剤にはほとんどが含まれているのがこの成分です。

 

男性ホルモンを抑制する役割があると言われています。

 

【ノコギリヤシ配合の発毛剤】

ノコギリヤシ

 

【発毛に効く成分】センブリエキス

最近は人気の発毛剤にはこのセンブリエキスが含まれていることが多いです。
有効成分として、国にその効果を認められている、という理由が大きいでしょう。
この成分は植物由来であるため、副作用の心配をする必要がありません。
女性に人気の育毛剤にも配合されていることからも、安心できる成分なのです。
センブリエキスには毛根の成長をサポートする効果と保湿効果を促すという機能があるようで、大変人気の成分です。

 

【センブリエキス配合の発毛剤】

ブブカ

 

【発毛に効く成分】アデノシン

そして副作用が少ないことでも人気のある成分にはアデノシンがあります。
これはは髪の毛を成長させる毛細胞を活性化して、発毛をさせる作用がある成分です。
このメカニズムとしては、血行促進という側面と、加えて髪の毛周期を伸ばすことで抜け毛を減らし、しっかりとした髪を作るという作用があるようです。

 

毛周期が短くなることで短い毛が多くなり、髪が伸びる前に抜けてしまう薄毛になってしまうことも多いです。
しかし、毛周期が伸びればしっかりと長くなりますので、安心感は高まりますね。

 

【発毛に効く成分】グリチルリチン酸

皮脂の過剰分泌の詰まりや頭皮の炎症などの頭皮トラブルを抑制する効果があるようです。

 

【発毛に効く成分】ジフェンヒドラミンHC

塩酸ジフェンヒドラミンとも呼ばれるこの成分はセンブリエキスと同様に、有効成分の一つです。
したがって、多くの発毛剤に配合されており、女性でも安心できる成分と言えます。
大人気の女性用育毛剤マイナチュレにも配合されております。
血行促進、抗炎症効果などがあり、炎症やかゆみなどの育毛を妨げる原因を抑えることが出来るといわれています。

 

【発毛に効く成分】キャピキシル

こちらの成分は、発毛剤として有名なリアップX5に配合されている「ミノキシジル」の3倍の効果があると言われています。
最近、話題になったキャピキシルですが、
アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスという2つの成分が注目されています。

 

アセチルテトラペプチド3は高い細胞復元作用があるといわれ、これが髪の発毛に効果のある毛母細胞にも効果があるといわれています。
そしてアカツメクサ花エキスは男性ホルモンを抑制する5αリダクターゼを抑制するといわれています。

 

副作用に注意することなく、高い効果を得ることができるため、多くの発毛剤に配合されるようになってきました。

 

【発毛に効く成分】ペンタデカン酸グリセリド

休止期の毛乳頭にエネルギーを与え、発毛効果を促す効果があるといわれています。
こちらも毛周期の休止期の髪に栄養を与えることで、正常は毛周期を促すためのものです。

 

【発毛に効く成分】M-034

M-034は昆布やわかめなどの藻類に多く含まれる褐藻エキスが抽出されるものです。
天然成分であるため、副作用の心配はありません。
またヒアルロン酸と同等の保湿力を有しています。
これらが毛根を成長させ、頭皮に潤いを与え、毛周期を正常化し、血行促進作用もあるといわれています。
女性にも優しい成分であるため、女性用発毛剤にも配合されております。
M-034はリアップに含まれる「ミノキシジル」と同等の効果があり、高い発毛効果が期待できるため、業界でも注目の成分です。

 

【発毛に効く成分】アルガス-2

M-034成分にペルベチアカナリクラタを配合したスカルプ成分。
ペルベチアカナリクラタは保湿力を強化するので、M-034成分を強化した成分となります。

 

関連ページ

アルガス-2を多く配合するイクオスはこちら

 

 

【発毛に効く成分】オウゴンエキス

5αリダクターゼを抑制し男性ホルモンの異常を正常化させるといわれています。
副作用もなく、女性の薄毛にも高い効果が期待できる成分です。

 

【発毛に効く成分】スサビノリエキス

ヒアルロン酸と同等の吸保水力があるといわれ、毛根の強度向上出来る。

 

 

効果はあるが副作用の可能性がある成分

【発毛に効く成分】フィナステリド

種類も多く販売されている発毛剤にはそれぞれ異なる成分が配合されています。

 

自分に最適なものを見つけるには、期待できる効果とともに、成分配合にも注意をする必要があります。
効果のある成分にフィナステリドというものがあります
この成分は、男性型脱毛症(AGA)の改善に期待されている医薬成分です。

 

【発毛に効く成分】ミノキシジル

そして発毛に効く発毛剤の成分のもう1つには、ミノキシジルがあります。
有名な発毛剤リアップX5にも含まれている成分ですね。
(※リアップX5は、女性、未成年者の使用を禁止しております。ご注意ください。)
ミノキシジルは血管を大きく拡張させることによって、血液の流れを良くすることができる効果があります。
後述しますが、ミノキシジルには効果が高い反面、副作用が生じる可能性があります。
したがって、もちろんミノキシジルを配合しているリアップX5を使用する場合は、副作用が現れる可能性があります。
その点を把握しておきましょう。

 

フィナステリドと同様の医薬成分になります。
頭皮に直接塗ることによって頭皮の血行状態を改善して、発毛効果を促進することができます。

 

発毛剤の成分

 

 

発毛剤を選ぶポイントページへ!

 

このように、成分によって期待できる効果もことなりますので、自分の頭皮の環境により、発毛剤を選ぶことが重要です。

 

発毛剤がすべての人に効果があるわけではありませんが、頭皮のケアをすることは、生えている髪の健康をキープするためにも必要ですし、頭皮の血行を改善する働きがあります。

 

始めて発毛剤を使うときには人気の商品を使うことも安心ですが、信頼できるものを選ぶことが重要です。

 

発毛に効く食事やシャンプーも大事

発毛に効く発毛剤の成分を紹介しましたが、発毛に効く食事やシャンプーもまた同様に大事です。

 

食事とは日々の体内を作る役割を担っていますので大切なのはお分かりだと思います。
ただ発毛に効く食事って早々間単に摂取できるわけではないので、おろそかになりやすいのが食事です。

 

発毛に効く食事はこちら

 

発毛剤を重視する方は、食事を軽視しがちですが、
実際、日々のケアこそが発毛には効くということを覚えておきましょう。

 

薄毛や抜け毛の原因となるのはヘアサイクルの異常が原因

上記で紹介した発毛や薄毛改善に効果がある成分は実はこのヘアサイクルの異常を全て改善する成分なんです。

 

ヘアサイクルとは髪の成長サイクルのことで成長期→退行期→休止期と分かれています。
成長期が全体の髪の8割で2〜7年、2〜3週間、3か月程度と分かれています。

 

このヘアサイクルが異常をきたし短くなると、髪が目に見える状態の前に脱毛してしまったりします。
そうなると当然薄毛になるという事です。

 

そしてこのヘアサイクルの異常の原因が、男性ホルモン「ジビデトテストステロン」と「頭皮の荒れ」なんです。

 

ジビデトテストステロンの元凶となる5αリダクターゼの抑制と頭皮の血行促進や栄養補給をするのが発毛剤の成分の役割というわけです。

 

薄毛ストップ

 

発毛に効くシャンプー

多くの方が間違っているのが、シャンプーの利用です。

 

ほぼ多くの方が石油系界面活性剤のシャンプーを使用しています。
そしてそれらの多くがシリコン配合のシャンプーです。

 

なぜこれらを多くの方が使っているかというと、ツヤが出る&安いからです。

 

ですが、実際頭皮にダメージが起きたり、毛穴が詰まるなどの要因に繋がります。
ですので、シャンプー選定は改めるとよいでしょう。

発毛に効くシャンプー

 

発毛に効くシャンプーというものがあります。
アミノ酸系のノンシリコンシャンプーという前提が1つ。

 

加えて頭皮に良い成分が含まれているシャンプー=発毛に効く成分のシャンプーです。

 

育毛剤としては少々高いですが、副作用の心配も必要なく、発毛効果が期待できるので、利用することをオススメします。

額の生え際にも効果があるペンタデカン酸グリセリド

より直接的に発毛を促す成分としてペンタデカン酸グリセリドというものがあります。

 

頭皮に直接つけるタイプの発毛剤に含まれている成分であり、休止している毛穴の発毛を促す効果があります。

 

人の毛穴の奥には、毛乳頭という小さな突起があります。

 

ここには血管が通じており、栄養が運ばれてきます。
そしてこの毛乳頭の周囲にある毛母細胞が、毛乳頭から供給された栄養をもとに髪の毛を作り出しています。

 

ある程度成長した髪の毛は自然に抜けて、その後毛穴はしばらく空になったあと、再び同じプロセスで髪の毛が生えてくるのです。

 

毛のメカニズム

 

ペンタデカン酸グリセリドは、この毛乳頭に作用して空の毛穴から新たな髪の毛が生えるように促す作用があります。
抜け毛や薄毛に悩んでいる方の毛穴にも毛乳頭は残っているので、この活動が活発化すれば再び毛は生えてきます。

 

ペンタデカン酸グリセリドはこの休止中の毛乳頭にはたらきかける効果があるのです。

 

よく用いられるミノキシジルなどの血行改善成分は、頭頂部の抜け毛、薄毛には効果があっても、額の生え際に対する発毛効果が薄いとされています。

 

その点、このペンタデカン酸グリセリドによる発毛効果は、額の生え際の後退にも効き目があり有効な発毛対策となっています。

 

発毛に効く発毛剤成分トップへ

 

効果のある発毛剤ランキングトップへ

血流を改善し自然な発毛を促すミノキシジル

発毛剤の成分としてよく名前を知られているのがミノキシジルです。

 

もともとは高血圧に悩む人のために開発された薬の成分であり、血管を拡張させることで血流を良くして血圧を下げる効果があります。

 

この血流を良くする、という部分に着目して作られたのがミノキシジルを含んだ発毛剤です。

 

抜け毛や薄毛の原因のひとつに頭皮の健康不良があります。

 

頭皮の血流が悪く十分な栄養が行き届かなかったり、老廃物の運搬が間に合わなかったりして頭皮の健康が損なわれ、発毛する力が弱まり抜け毛や薄毛につながるのです。
ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで、その健康を回復し、自然な形での発毛を促してくれます。

 

ミノキシジル発毛効果

 

このミノキシジルはもともとは医療用であったこともあり、効果は強力ですが使用に際しては注意点が幾つかあります。

 

高血圧を改善する成分であるため血圧が低下する場合があり、単独での使用では問題ありませんが、既に高血圧対策の薬を服用されている方は注意書きをよく読んで、併用して良いかきちんと確認することが大切です。

 

ミノキシジルに関する副作用は多数報告されておりますので、注意が必要です。

 

発毛に効く発毛剤成分トップへ

 

また、高血圧治療を受けていなくても体質として低血圧になってしまう人もいるので、服用後にめまいやふらつきなど低血圧の症状が出てしまう場合は、外出前や運転をする前には服用を控えたほうが良いでしょう。

 

発毛に効く発毛剤成分トップへ

 

副作用がない最強の発毛剤はチャップアップ!
ミノキシジルのように副作用がない最強の発毛剤・育毛剤はチャップアップです。

厚生労働省認可のチャップアップは今通販でものすごい効果がある発毛剤として評判が高いです。

 

 

オススメの発毛剤の口コミ等

チャップアップの口コミ・副作用・効果はこちら
薬用ポリピュアEXの口コミ・評価について
ブブカ(BUBKA)育毛剤の口コミ・効果について
発毛サプリについて
発毛に効く食べ物について

 

効果のある発毛剤ランキングトップへ

発毛に効く発毛剤の成分記事一覧

フィナステリド系の副作用

フィナステリド系の物だと「勃起...

≫続きを読む