発毛剤・育毛剤を選ぶポイント

発毛剤・育毛剤選びのポイントをご紹介します。

発毛剤や育毛剤を使って薄毛をどうにかしたいと思う方は大勢いらっしゃるでしょう。

 

国内で認定されている発毛剤は「リアップ」のみですが、発毛効果が期待できる発毛剤は多数あります。

 

発毛剤に関しては一口に言っても本当に色々なものがあり、どれが一番効果があるの?と疑問に思ってしまう事も多いのではないでしょうか。

 

ですから、そういった方の疑問にお答えすべく、
これから発毛剤選びについてアドバイスや情報提供をしたいと考えています。

 

まず発毛剤選びにはいくつかのポイントがあるのだという事をしっかりと覚えておきましょう。

国内認定の発毛剤は「リアップ」のみです

当サイトのトップページでも紹介しておりますが、国内認定の発毛剤はリアップのみで
一般的に医薬品という分類に該当し、副作用リスクがあることでも知られております。

 

当サイトが紹介している発毛剤は、医薬部外品という分類の発毛剤で認定されていませんが、
厚生労働省には認可されているものが多いです。
加えて副作用のリスクがない為、当サイトでは医薬部外品の発毛剤をご紹介しています。

 

医薬部外品に認定されることも審査があるため、一定の発毛効果があることは証明されている発毛剤です。

 

下記は、その医薬部外品の発毛剤における選ぶ方となっております。
(医薬部外品でもない育毛剤はご紹介しておりません。)

 

発毛剤選びのポイント@症状で選ぶ

発毛剤選びで重要なのは自身にあった発毛剤・育毛剤を選択することです。

 

薄毛の真因は大きく

・頭皮環境の異常
・男性ホルモンの異常 です。

 

そして頭皮には「脂性、乾燥性」など個々の頭皮環境があります。

 

その自身の薄毛の真因や頭皮環境を理解し、
乾燥肌用の発毛剤や浸透率の高い発毛剤・育毛剤を選定することをオススメします。

 

 

頭皮環境

発毛剤選びのポイントA成分表示で選ぶ!

発毛剤の成分には天然由来成分や育毛成分があるもの中には副作用を持っているものもあります。
この発毛・育毛成分がどの種類どれ位配合されているかは重要なポイントです。

 

例えば通販で一番人気のチャップアップは
65種類の成分を配合しており、センブリエキス、グリチルリチン酸やジフェンヒドラミンHCなどが発毛に効く成分として
配合されています。

 

発毛に効く成分に関してはこちら

 

また成分に関しては、副作用に気をつけて利用していかないと、思っていたような育毛効果を得ることができません。

 

特に気をつけておきたいのがミノキシジルです。
発毛関連の商品に利用されていることがあり、かなり髪を増やすことが出来る成分でもあります。(代表的な商品はリアップです)
しかし色々な副作用を及ぼすことがあるので、利用する際は気をつけてください。

 

成分表示

 

一番多いのは頭皮に炎症が出来るということです。

 

発毛剤を利用していた場所が、明らかにかぶれて痒みが出やすいような状態になっていると、非常に危ない状態と言えます。

 

これは抜け毛を更に増加させることにも繋がりますので、出来ればミノキシジルを利用していない商品を利用してください。

 

その方が安全に育毛を実施することができますし、結構簡単に髪を増やすことができます。

 

最近ではミノキシジルを利用していない発毛剤も沢山出てきました。

 

それによって安心して育毛に取り組めるようになって、もっと髪を増やしやすい状態になったと思います。

 

発毛剤の種類こそ様々ありますが、副作用を持っている成分が含まれていたら要注意です。

 

これらの成分が特にかかれていないようなら、安心して利用できると考えてください。
当サイトでランクインしている発毛剤はミノキシジルを使っていないので、安心して検討してください。

発毛剤選びのポイントB医薬品か医薬部外品かは大きな目安!


医薬品かどうかはひとつの目安だと思います。
医薬品は製薬会社が主に開発しています。その点でとても高価です。

 

ただ発毛剤の場合、医薬品はリアップのみです。(塗り薬の場合です)
リアップは副作用があるという報告が多々あります。

 

知っておくと安心!第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品、医薬部外品の違いって何?

まず第一類医薬品に関しては副作用の心配があります
リアップが第一類医薬品です。薬剤師がいる店か薬局だけが売れる商品です。また売る際に薬剤師の説明が必要となります。

 

リアップ

(上記のように薬剤師の判断が必要です)
特に第一類医薬品はリスクが高いといわれております。

 

第二類医薬品は、副作用により日常生活に支障が出る可能性があるものを言います。
第一類医薬品よりはリスクは低いので薬剤師及び登録販売者であれば販売できます。

 

第三類医薬品はリスクが比較的低く、ネット販売や通販でも販売可能です。

 

総じて、医薬品は効果がある反面副作用もあるという事と同意を考えてよいでしょう。
だからこそ医師や薬剤師の診断が必要という事もあります。

 

医薬品

 

結論をいうと、発毛剤利用で副作用があるものは、かなりリスクですので、
医薬部外品の育毛剤をオススメします。

 

医薬部外品は体に対する作用がおだやかなものという定義なので安心できます。

 

下記は副作用のない発毛剤の商品ランキングです。

おすすめの発毛剤ランキング

 

リアップなどの発毛剤の副作用について

 

発毛剤選びのポイントC配送方法やコールセンター機能のある所を選ぶ!

発毛剤は、一時期薬局などでしか販売されておらずとても買いにくいものでした。

 

理由は明確でレジスタッフや後ろの後列の方に自身が発毛剤を購入しているものを見られたくない。

 

または、家族に発毛剤と知られたくないという願望からですね。

 

しかし最近では効果があり、通販でしか販売していない発毛剤も多いので、
家族にばれないですし、配送方法を工夫してくれる発毛剤メーカーも多数あります。

 

これは誰にもばれるに発毛剤利用ができるので、とても有効です。
リアップなどは誰からみても薄毛対策とばれてしまいますからね。

 

発毛剤選びのポイントD価格帯で選ぶ!

ご存知の方も多いと思いますが、発毛剤は決して安くはありません。
その背景としては、育毛成分や発毛成分を配合するとある程度原価がかかってくることが要因としてあります。

 

 

CMや市販で販売されているシャンプーや育毛剤は、広告費にお金をかけるため、成分があまり配合されていないものもあります。

 

効果を見込む為には、発毛・育毛成分は重要なので仕方ないともいえます。

 

とはいえ、平均年収も下がっている昨今ですので、お金は重要な問題です。
特に病院でのAGA治療は相当高い金額がかかります。

 

ですので、ご自身のお財布と相談して価格帯を設定していく方も多いようです。
最近は定期便にすると相当安い価格で販売してくれる業者も多いので、しっかりチェックして発毛剤選びをしましょう。

 

関連ページ

発毛剤・育毛剤の価格相場と比較はこちら

 

 

 

発毛剤選びのポイント〜まとめ〜人気や評判だけで決めない!

まとめると発毛剤は効果に個人差があるため、単純に人気や評判だけでは決められないという事です。
また最低でも半年は使ってみないとなかなか効果が現れにくいという事です。

 

 

頭皮が脂っぽいという方もいれば、かさついているという方もいる事でしょうが、
そういった特徴や薄毛の進行具合や進行の仕方などが似ている人ならば、
発毛剤の効果も近いものを得る事ができる可能性は高いと言えるでしょう。

 

ただ大きくは

・頭皮の乾燥状態(乾燥もしくは脂性に合う製品が良いでしょう)
・頭皮の荒れ具合(傷ついている場合は、修復作用のある発毛剤が良いでしょう)
・男性ホルモン(毛深い方は確率的には男性ホルモンが多い傾向があります)

 

当サイトの紹介している発毛剤は、天然成分由来で、男性ホルモン抑制作用が多い発毛剤ばかりです。
おすすめの発毛剤ランキングはこちら

 

どうぞ参考にしてください。

発毛剤選びのポイント【体験談】自分に合う商品を選ぶべし

どんなに評判のいい発毛剤だったとしても、自分には合わなかったということはあります。そういうときは使わずに済ますべきなのだと、私は先日学習しました。
発毛剤について詳しく取り上げてあるサイトの情報からです。

 

初めのうちは違和感もそれほどではなかったので、おかしいなと思いつつ数週間使い続けてしまいましたが、合わない発毛剤は早々に切り上げなければ、逆に抜け毛や薄毛が酷くなってしまうということもあるようで。
それほど悪影響が出る前に気付けてよかったと、今は思っています。

 

情報サイト

 

発毛というのはとにかく繊細なものらしいですし、頭皮がかゆくなる気がするとか、肌がしみているとか、そういうことは敏感にならなければ駄目ですね。

 

その発毛剤の何の成分が自分には合わなかったのかはよくわからないのですが、今後のためにももう少し細かいところを調べてみようと思います。

 

それからどうも私は肌が弱いようなので、これからは無香料だったり無添加だったり、とにかく自然派の発毛剤を使用していこうと思っています。

 

探してみなかったから気付かなかっただけで、そういった肌に気を使ったナチュラルな発毛剤というものはたくさんありますし、積極的にそれらを求めていきたいです。

発毛剤だけでは薄毛は改善しません!

先述で発毛剤の選び方についてご紹介しました。

 

しかしダイエットもエステに通うだけでは痩せる事は一過性なのと一緒で、薄毛改善も本質的には生活習慣を変える必要があります。

 

発毛剤は頭皮に直接栄養を与え、そして薄毛の原因となる5αリダクターゼの抑制をすることで、
ジヒドロテストステロンの発生を抑え、抜け毛を防止します。

 

ただ本来であれば生活習慣を変え、血流改善や、食生活を変えることで栄養を頭皮に行き届せます。

 

ですので、発毛剤を利用し続けても辞めた途端にまた抜け毛の量は増える可能性が高いです。

 

発毛剤は遺伝的要素であるジヒドロテストステロンの発生を抑えることには有効です。

 

ただ基本的にはサポート的な役割と捉え、本質的な薄毛予防や改善をオススメします。

 

発毛剤ランキング研究所はこちら

発毛剤・育毛剤を選ぶポイント記事一覧

育毛シャンプー選びのポイント

発毛を促すためには常日頃からの...

≫続きを読む

発毛剤選びの体験談

オススメの発毛剤としてはいくつ...

≫続きを読む

副作用がない発毛剤を選びました

35歳を過ぎた辺りからおでこの...

≫続きを読む