飲む発毛剤

飲む発毛剤とは?効果ある?副作用の危険性は?

飲むサプリメント

発毛剤の中には、服用タイプのものと塗布タイプのものが存在しています。

 

塗布タイプのものを発毛剤や育毛剤と呼びますが、服用タイプは
飲む発毛剤とも言い換えられるでしょう。

 

服用タイプ(飲む発毛剤)のものは、直接成分を摂取することができますので、発毛の効果を感じやすいです。

 

直接成分を摂取することで、成分が血液に乗って頭皮に行き渡っていきますので、頭皮の栄養不足であったり乾燥がひどく、薄毛がひき起こっている方にも最適となってきます。

 

薄毛というものは緊急度が高くいち早く

 

「薄毛解消したい」

 

と思うものです。

 

しかし飲む発毛剤は効果が強い為、ご自身の症状などをよく確認して使用しましょう。

 

飲む発毛剤に潜む副作用のリスク

注意点として服用タイプの発毛剤を飲むときには、
クリニックに行って頭皮や健康についてのチェックを行うと、安心して飲むことができます。

 

飲む発毛剤は塗布型の発毛剤より体内に直接影響するので、効果も高いが副作用の可能性も高いといわれています。
加えて医薬品の飲む発毛剤は副作用のリスクがあります。

 

性欲減退や精子減少、心臓系の異変や多毛症などです。

 

医師のアドバイスは受ける方が良いでしょう。

 

クリニックでは、健康状態に問題はないのか調べていくのですが、
詳しく調べることで体調面での不安なく飲んでいくことができます。
また、医師が体の状態にあった分量で、発毛剤を処方してくれますので、より効果も出やすくなってくるのです。

 

服用サプリメント

 

特に男性の方については、体の中から発毛を促すための成分を摂ることで、
薄毛の原因となる男性ホルモンの状態を抑えることができますので、スムーズに発毛していくことができます。

 

男性ホルモンは、体質的なものの影響が大きくなってきますので、生活改善だけでは薄毛を改善することが難しくなるのですが、
服用タイプの発毛剤を服用することで、男性ホルモンを抑えることができ発毛効果を感じることができます。

 

飲む発毛剤の効果の鍵は男性ホルモンの抑制と発毛効果!?

では飲む発毛剤が副作用があることはご紹介しましたが、効果はどのようなものがあるのでしょうか?

 

男性の薄毛の原因は実は男性ホルモンと頭皮の異常!

男性の薄毛の原因の大きな1つは男性ホルモンの異常発生なのです。
これは体質的なものや、ストレスや睡眠不足などの影響もあり、遺伝といわれているものです。

 

AGAもほぼこのことが原因な事が多いです。

 

男性ホルモンのテストステロン自体は量に個人差はあるものの問題ではなく
これが酵素である5αリダクターゼというものと結びつきジヒドロテストステロンが発生することが問題です。

 

この異常分泌が頭皮のヘアサイクルに異常をきたします。

 

薄毛の原因


なぜ飲む発毛剤が効果があるのか?

 

なぜ髪の毛に関する問題が生じるかというと、5αリダクターゼと呼ばれる物が関わってきます。

 

そもそも人間の体の中にある男性ホルモン「テストステロン」は、5αリダクターゼなどと反応してしまう事があるのです。
それが髪の毛に対してあまり良くない男性ホルモンを作り出すこともあります。
いわゆるジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが、それに該当します。

 

したがっていかにしてそれを作らないようにするかが、1つのポイントになるでしょう。

 

5αリダクターゼは、実は抑える事は可能です。
上記でも触れたサプリの中には、それを抑える成分が色々と入っています。

 

またミノキシジルタブレットなどは血流改善して発毛効果を期待できます。

 

飲む発毛剤の効果は
「男性ホルモンの抑制」

 

もしくは

 

「血流改善」

 

による薄毛改善と覚えておきましょう。

 

効果が出るまでは4か月〜1年程度

一般的には上記の期間を要するといわれています。

 

その理由として薄毛の原因はヘアサイクルというものの異常にあるので、
正常化するまでにその位の期間が必要だという理由が1点あります。

 

ヘアサイクルは本来成長期→退行期→休止期となっており、
2〜7年、3〜4か月、3週間程度といわれております。

 

今まで異常をきたしてきて、成長期が短くなっている毛髪を正常かさせ、
成長期が長い状態になるまでの期間なのでこれくらいが妥当だという論拠ですね。

 

テストステロン

代表的な飲む発毛剤とは?副作用は?

上記で述べたように飲む発毛剤の効果は
「男性ホルモンの抑制」と「発毛効果」なわけですが、下記の飲む発毛剤が代表的な商品群となります。

 

プロペシア

プロペシアという薬ですが、プロペシアはM字ハゲの原因でもあるある男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制することができます。

 

プロペシアは飲む発毛剤は大変人気がありますが、
これにはフィナステリドという成分の副作用が数多く報告されるされています。

 

フィナステリドの副作用はこちら

 

例えばプロペシアの考えられる副作用としては、
精力減退や体調不良などが挙げられます。

 

また女性は絶対に使う事も、触ることも止めたほうがいい薬です。

 

 

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルと言う薬は血圧を下げる薬として使われていますが、
発毛を促進する効果が認められて以来、AGAの治療薬として使われています。

 

一般的な副作用として知られるのが、動悸や多毛症です。
飲む発毛剤「ミノキシジルの副作用」についてはこちら

 

リジン

リジンというのは、必須アミノ酸のひとつで、体のたんぱく質の組み立てに必要不可欠なアミノ酸の一種です。
髪の毛を健康に保つ効果があり、近年薄毛に効果的なサプリとして注目されてきました。

 

また、こういった内服する飲む発毛剤の他にもスカルプシャンプーやアミノ酸シャンプーなども、直接毛根に栄養を与えてくれるものとなっているので効果の高いものとなっています。

 

発毛効果

 

基本的にこれらの商品はドラッグストアなどで販売されていない事が多いです。

 

飲む発毛剤はどこで購入するの?市販で購入出来るの?

手に入れる方法としては、
インターネット通販サイトやネットショップを活用するのが便利ではありますが、しっかりと医師の診断を受け、医師から処方されるものを取り扱いに注意して利用しましょう。

 

よくある飲む発毛剤の問い合わせ

ロゲインという海外の商品が飲む発毛剤として効果が高いといわれました。どうでしょうか?

ロゲインは日本でいうリアップの海外版ですよ。
リアップと同等程度の濃度のミノキシジルを配合していますが、価格がリアップの60%オフということで、1本2500〜3000円のようです。

 

ただ個人輸入しか出来ませんので、もし副作用が起きた場合、国は海外製品ですと保証範囲外になります。

 

結果使用しない方がオススメですよ。
副作用があり、保証がないんですから。

 

デュタスって飲む発毛剤は効果がありますか?

フィナステリドの濃度の高いと言われているデュタスはデュタステリドのジェネリック医薬品です。

 

ただデュタステリド自体先ほどのロゲインと同様に認可されていないので、
使用は控える方がよいでしょう。

 

飲む発毛剤にもジェネリック医薬品が多数存在している

上記にも述べたように海外製品からの直輸入やジェネリック医薬品など国内には多数の飲む発毛剤が存在します。

 

ジェネリック医薬品はプロペシアなどを安く開発出来るようにしたものなのですし、
どれも副作用がありますし、海外のものに関しては何か症状がでても
日本では対応してくれませんので、注意が必要です。

 

 

基本的には発毛対策は短期的に行うことよりも、できるだけ長期的に続ける方が効果が高く、
続ければ続けるほど高い効果が期待できるもになっています。

 

飲む発毛剤と塗る発毛剤との違いは何?

飲む発毛剤はと塗る発毛剤の違いは、
大きくは体内からの影響を促すか体外から塗布する形で影響を及ぼすかだと思います。

 

また塗布型の発毛剤は、国内で認定されている商品は「リアップ」のみで、
海外などでは類似品が出ていたりしますが、国内ではジェネリック商品はありません。

 

ただ飲む発毛薬に関しては、ミノキジジルタブレットやプロペシアなど塗る型の発毛剤よりは豊富な上に、
デュタスのようなジェネリック商品も多いのが特徴です。

 

また体内に直接摂取するため、副作用が起きやすい事も違いとしては代表的でしょう。

 

医薬品認定している発毛剤は3つのみ

発毛剤において医薬品認定されている発毛剤は
塗る発毛剤だと

 

「リアップ」
のみで

 

飲む発毛薬ですと、

 

「プロペシアとザガーロ」
のみです。

 

また医薬部外品という医薬品にある副作用のリスクがない商品に関してはもう少し種類があります。
今は副作用がない医薬部外品の育毛剤が人気のようです。

 

厚生労働省認可などの商品もあり、信頼性が担保されているからです。

 

オススメは飲む発毛剤ではなく飲む育毛サプリ

上記ではミノキジジルタブレットやプロペシアなどの副作用ありの飲む発毛剤をご紹介しましたが、

 

同様の「男性ホルモンの抑制」と「頭皮環境の正常化」が出来る育毛サプリと呼ばれるものがあります。

 

チャップアップ等の育毛用のサプリの中には、ノコギリヤシなどが含まれている事もあります。
それが5αリダクターゼの力を抑えてくれる訳ですから、同等の育毛が期待できる訳なのです。

 

加えてミノキシジルタブレットのような医薬品ではなく医薬部外品の育毛剤ですので、
副作用のリスクもなくとても気軽に効果を期待できます。

 

服用サプリメント

 

育毛サプリには、頭皮の栄養となる成分も多数

また髪の毛がすくすくと成長する為にも、やはり栄養分が必要になる事だけは間違いありません。
抜けてしまった毛髪をよくよく観察してみると、それを実感できるでしょう。

 

抜け落ちてしまった毛髪は、他の髪の毛と比べると、やや直径が細い傾向があります。

 

やはり栄養欠乏になってしまうので、どうしても弱々しくなってしまうのです。

 

このため頭髪に対しては、やはり栄養分などが補給してあげる必要があります。

 

ただ日常食品から栄養分を補給するとは言っても、それがやや難しいケースもあるのです。
一定量以上は栄養分を確保する必要がありますから、それなりに食べる労力も大きくなります。

 

 

しかしサプリメントの中には、育毛に関して効果が期待できる成分が、かなり多く入っています。
食品ら摂取するよりは、比較的スムーズに栄養補給できる傾向があります。

 

それだけ髪の毛は育ちやすくなると期待できますから、やはり試してみるだけの価値はあるでしょう。

 

育毛に対する育毛サプリは、主に2つの効能が期待できる訳です。

まず髪の毛の生育を妨げてしまう働きを弱めてくれるのです。

 

それに加えて髪の毛に対する栄養分を補給してくれるので、髪の毛が育ちやすくなります。

 

 

したがって最近髪の毛の状態が気になる時には、やはり育毛用のサプリを試してみるのが良いと思われます。

 

頭皮につけるタイプの発毛剤よりも飲む発毛剤の方が効果ありますか?

それは薄毛の原因が上記のように、男性ホルモンに影響している場合です。
男性ホルモンが影響であれば、飲む発毛剤サプリの方が効果は高いといわれております。

 

ただ効果がありすぎるという事も懸念されています。

 

それも発毛剤よりも飲む発毛剤の方がかなり多く副作用が報告されているんですね。
ですので、一概に飲む発毛剤を全員にオススメはできません。

 

ただチャップアップはイクオスなどの医薬部外品の育毛サプリであれば、
効果もゆっくりでますが、副作用はないのでオススメです。

 

人気の発毛剤のランキングページに戻る