発毛剤のメリットは男性ホルモンの抑制効果

発毛剤のメリットは男性ホルモンの抑制効果

発毛剤のメリット
私が実際に発毛剤と育毛剤を使って感じたメリットというのは

 

実際に発毛剤と育毛剤を使って髪が生えたというのがあります。

 

ただ、この時に感じたのは発毛剤や育毛剤なら何でも良いという事はないというのがあります。
なぜなら、実際に今日本に存在する発毛剤や育毛剤はかなり多いからです。

 

ですが、それだけ発毛剤や育毛剤と呼ばれる物は多くても実際に髪が生える効果があるのはかなり限られた物になるからです。

 

確かに薄毛になる原因はいくつかあって場合によっては普通にそこらへんのドラッグストア等で販売されている物でも髪の毛が生える場合もあります。

 

その場合は薄毛の原因は何らかの原因で髪に十分な栄養が行かなくて薄毛になっている場合です。

 

ですから、その場合は普通に頭皮に栄養を与えるタイプの育毛剤や発毛剤を使えば髪の毛が生える事もあると思います。シャンプーでも効くのかもしれません。

 

髪の毛の栄養不足による薄毛
⇒ドラッグストアで売られている発毛剤・育毛剤・シャンプーなどで対策可能

 

ですが、実際に薄毛になっている男性の多くは髪に十分な栄養が行かなくて薄毛になっているわけではなく、
男性ホルモンが悪さをして薄毛になっているというのがあって昔からある発毛剤や育毛剤と呼ばれる物を使っても薄毛の症状が改善しないです。

 

男性ホルモンのせいでハゲてしまうものにAGAがあります。AGAは男性ホルモンが髪の毛の成長サイクルを乱すことにより、ハゲてしまうことなのです。

 

では、薄毛になった男性が薄毛の症状を改善しようと思った時はどういう発毛剤や育毛剤を使うと良いのかというと、

 

それは発毛剤の場合はリアップ等の発毛剤のようなミノキシジルという成分が主成分の発毛剤と
プロペシアという主成分がフィナステリドという育毛剤を使うと薄毛の症状が改善します。

 

男性ホルモンが原因のAGAによる薄毛
⇒リアップやフィナステリドで対策可能

 

これらの発毛剤と育毛剤を使う最大のメリットはなんと言っても薄毛になった男性のほとんどに効果がある点です。

 

どうしてリアップやフィナステリドには薄毛改善の効果があるのか知っていますか?
ミノキシジルやフィナステリドに発毛効果がある理由とは
まず、ミノキシジルにどうして発毛効果があるのかというと、ミノキシジルには、血管を広げる作用があり、血の流れがよくなるからだそうです。
血がめぐるようになると、髪の毛が成長するために必要な栄養が髪の毛をつくっているところに運ばれるようになるということです。

 

また、フィナステリドに発毛効果があるといえる理由は2個あります。
1つ目は、AGAを発症させるDHTという名前の男性ホルモンが発生することを止めてくれることです。DHTはジヒドロテストステロンという男性ホルモンのことです。髪の毛が抜けたりハゲてしまう原因は男性ホルモンだと言われますが、その正体がこれなのです。フィナステリドがDHTが発生するのを抑えることにより、薄毛対策をすることができるということです。
2つ目は、頭皮環境を整えてくれることです。特に、皮脂の分泌を抑えてくれる効果がフィナステリドにはあるそうです。皮脂がたくさん頭皮にあふれてしまうと、頭皮は炎症を起こしてしまい、抜け毛が増えるということなのです。そのようなことを防ぎ、抜けてしまう髪の毛を減らす役割をしてくれるのが、フィナステリドなのです。

 

ミノキシジル、フィナステリド以外の成分が主成分の発毛剤や育毛剤を使ってもほとんどの男性の薄毛を改善できるという事はないです。

 

なぜなら、このミノキシジルという成分とフィナステリドという成分は
いずれも医薬品になり世界でもこれを使えば髪が生えるという事が証明されているからです。
医薬品の発毛剤

 

ですから、当然日本で発売されているリアップやプロペシアも医薬品扱いになっています。
発毛剤や育毛剤が医薬品として発売されているのはこの2つだけです。

 

なので、これらを使って薄毛の状態を改善しようとする価値は十分あります。
実際に私はこれらを半年ほど継続して使用して薄毛の症状が改善しました。

 

これらを使ったおかげで髪の毛が細くなって抜け毛も多くなっていた頭頂部と前髪の薄毛も症状が改善しました。

 

もちろん、上記に挙げたような発毛剤には、デメリットもあります。
どのようなデメリットかというと、副作用があるということです。
プロペシアやリアップは薄毛を治すのに、高い効果を発揮します。
しかし、副作用が発症してしまう方もいるようです。
フィナステリドやリアップなどの発毛剤を使うと、どんな副作用が出てしまうのでしょうか?

 

発毛剤の使用から考えられる副作用とは?
・リアップ(ミノキシジル)
 ⇒低血圧、頭皮の炎症、頭痛、アレルギー反応
・プロペシア(フィナステリド)
 ⇒子供の成長に悪影響、アレルギー反応

 

このように、発毛剤には副作用もあるため、注意が必要です。
使用した方の全員に副作用が出るというわけではないようですが、これらの点を覚えておきましょう。

 

「安全な発毛剤ランキング」はこちら

 

発毛剤のデメリット」を詳しく知りたいという方はこちらを見てみてください。

 

前髪発毛剤

 

その時に使ったリアップという発毛剤の価格は8000円くらいしてプロペシアは1月分で7000円くらいしました。
発毛剤の価格相場」が気になる方はこちらを参考にしてみてください。

 

これらを購入して使ってみた結果スカスカになっていた頭頂部と前髪が太くなってまた毛量も増えて頭皮が見える事もなくなりました。

 

発毛剤ランキングへ

 

効果の高い発毛剤ランキングはこちら