発毛剤のメリット

発毛剤や育毛剤のメリット・デメリットは?薄毛改善に効果があるのか?

薄毛改善をしようと本気で悩みだした際に、使いたくなるのが、育毛剤や発毛剤!

 

しかし発毛剤や育毛剤を利用する時は良いことだけなのでしょうか?
そんなことはありません。

 

発毛剤や育毛剤は良いこともありますが、しっかりとした使い方をしないとデメリットになることもあります。

 

加えて自身の薄毛症状に合致している商品を選定しないと効果も期待できません。

 

今回はその発毛剤・育毛剤のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

発毛剤メリット

発毛剤・育毛剤のメリットについて

メリット@生活習慣の改善

ダイエット同様で、発毛剤や育毛剤もそれだけ使えば薄毛が解消するかというとそうではありません。

 

薄毛の真因は頭皮と男性ホルモンの異常ですが、
その真因に至る要因、例えば

・食生活

・睡眠
・ストレス
・パーマ・カラー
・整髪料
・シャンプー



など要因は沢山あります。
これらの要因が複合して、真因に至るというプロセスを踏みます。
ですので、薄毛解消には、複合的に全てを改善していく必要があるのです。

 

ライザップが30万円という高額にも関わらず、人気があります。
これは高額な料金を支払うことで人は行動変容しやすいというデータがあるからだそうです。

 

その視点でいえば、発毛剤も継続利用すると決して安くはない料金です。
ただその料金を支払うことで、自身で生活習慣を改善しようという行動変容に至るケースは多いという事です。

 

メリットA毛周期(ヘアサイクル)の正常化

抜け毛というものは実際毎日自然に抜ける本数というものがありますね。(毎日100本が平常といわれています)
しかし抜け毛で悩むという方はその量が尋常ではない量が抜けるからそう思うわけですね。

 

この異常な抜け毛量は、毛周期が関係しています。
毛周期とは、休止期、成長期、退行期に分けられ、毛周期は2年〜6年を1つのサイクルにするそうです。

 

加えて成長期に約8割の髪が存在しており、成長期は2〜6年、退行期は2週間程度、休止期は3か月程度ということです。

 

しかし毛周期に異常が起こると成長期の髪の期間が短くすぐ抜けてしまいます。
そうなると産毛の状態等で抜ける髪が多くなり当然、髪は薄毛状態になるわけです。

 

発毛剤を利用することで毛周期が改善されれば抜け毛も目立たなくなり、薄毛改善につながります。

 

メリットB男性ホルモンの正常化

最近話題のAGAなどは男性ホルモンが原因です。
ただ注意点として男性ホルモン自体は悪いものではありません。
しかし男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼとものと結びつくことによって、ジヒドロテストステロンという薄毛を誘発するホルモンになります。

 

このジヒドロテストステロンが薄毛の原因となり、5αリダクターゼを抑制することで薄毛を予防できます。
発毛剤にはこの5αリダクターゼを抑制する成分も多数配合されているケースが多く薄毛改善に繋がります。

 

 

発毛効果を期待できるのが発毛剤!育毛剤は髪の成長を育む!

上記で発毛剤や育毛剤のメリットをご紹介しました。

 

発毛に関するメカニズムは上記メリットを一読すると説明が可能です。
薄毛原因は上記の5αリダクターゼによるジヒドロテストステロンの異常発生と頭皮の荒れによる毛周期(ヘアサイクル)の異常です。

 

上記2つの要因を改善すると、ヘアサイクルが正常化し今まで伸びずに落ちていた毛がしっかり成長することになります。
ですのでこれが発毛効果に繋がります。

 

当サイトでは上記2つの要素がある発毛効果を期待できるものが発毛剤、それ以外の頭皮環境の正常化のみを期待するものが育毛剤です。

 

国が定義している発毛剤や育毛剤は、発毛剤は0から髪が生えることで、上記2つを改善するものではないです。
しかし皆さんが悩んでいる薄毛症状は上記2つの要因を抑えないと改善されません。

 

当サイトでは、本質的な薄毛症状の改善を持つものとして今回紹介しています。

 

頭皮の環境

 

医薬部外品の育毛剤のメリットは男性ホルモンの抑制が出来ること

上記で薄毛の原因はジヒドロテストステロンの異常発生と頭皮の荒れによる毛周期(ヘアサイクル)の異常という事をご紹介しました。
加えて、国が認定している発毛剤の定義が、

 

「0から発毛すること」

 

でこの定義が、上記のジヒドロテストステロンの異常発生と頭皮環境の正常化に繋がらないこともご紹介しました。

 

要するに本質的な薄毛改善は、ジヒドロテストステロンの発生源である5αリダクターゼの抑制と頭皮の荒れを治すことなんです。

 

そうなると、
即効性のある発毛効果のメリットを受けることが出来るのがリアップの国内の唯一認定の発毛剤であり、
本質的な薄毛改善のメリットを受けることが出来るのが医薬部外品の育毛剤といえるでしょう。

 

医薬部外品の育毛剤の人気商品はチャップアップ

チャップアップは今通販で最も売れており、電車などもよくみると広告も多数行っています。

 

医薬部外品なので国の一定の審査も通過しており、厚生労働省認可という追加メリットもあります。

 

男性ホルモンと頭皮環境を正常化する成分がありますので、
薄毛改善にはとても効果的です。

 

チャップアップ

発毛剤や育毛剤のメリットを感じるには使い方をしっかり見ること

発毛剤も育毛剤も使い方を誤って損をしてしまう方もいます。

 

発毛剤などを使う際にほとんどの方は薄毛の悩みが深刻ですぐにハゲを治したいと思っています。

 

ですので、使用量を多く使い過ぎてしまい逆に頭皮に皮脂を溜めてしまったり、
キタナイ手で頭皮を触り雑菌を繁殖させてしまったりします。

 

ですので、前提として効果を高めるためにはお風呂上がりなどの頭皮がキレイな状態で
使用量も確認の上、使用するようにしましょう。

 

 

頭皮マッサージすることで発毛剤の効果は高まる

発毛剤や育毛剤を塗布する際に頭皮マッサージをすることで頭皮の血行が促進させ、発毛剤の効果を高めることができます。

 

 

頭皮マッサージ

発毛剤・育毛剤のデメリットについて

発毛剤デメリット

デメリット@お財布事情

シンプルにいえば、お金がまずかかります。
大体早くて2ヵ月、一般的には半年程度かかるといわれているのが薄毛改善に必要とされている期間です。

 

シンプルに発毛剤の平均価格が7000円前後と仮定すると、
14000円〜42000円の料金がかかることになります。

 

デメリットA気にしすぎてストレス

2つ目は、発毛剤を利用することでかえって気になってしまう方もいるようです。
頭皮の触りすぎも薄毛の要因の1つなのですが、発毛剤がしっかり塗布されているか確認するために
汚い手で頭皮を触り皮脂詰まりの原因を誘発するということは考えられます。

 

デメリットB医薬品発毛剤は副作用の可能性あり

医薬品の発毛剤(国内正規品はリアップのみ)には副作用の可能性が含まれています。

 

性欲減退、頭痛、多毛症などの報告が挙げられています。

 

デメリットC肌荒れの可能性

化粧品同様、発毛剤も自身に頭皮に合う合わないがあり、合わない場合炎症や頭皮荒れという結果に繋がりやすいです。

 

効果が出るまでには最低2〜6か月の期間が必要

発毛剤にせよ育毛剤にせよ、効果が出るまでは最低2ヵ月〜6か月、中には1年以上かかる方もおります。

 

その期間の長短は薄毛症状に依存します。

 

薄毛症状が激しい方は、2ヵ月だとほぼ不可能でしょうが、多少の頭皮の荒れ位であれば使用後すぐに改善するでしょう。

 

多くの方は2ヵ月や3か月で薄毛症状の劇的な改善を望みますが、
今まで何十年も変化のなかった頭皮や毛根を2ヵ月で変えることは相当厳しいと理解しましょう。

 

副作用がかなりリスクのある医薬品の発毛剤(リアップ)などの場合は2ヵ月程度でも出る可能性もありますが、
本質的な薄毛改善を願うのであれば生活習慣の改善を心掛けてください。

 

10代後半で薄毛に悩んでいますが育毛剤を使うメリット・デメリットはありますか??

10代薄毛という事は遺伝的なものが原因だと思います。

 

その場合男性ホルモンの抑制が出来るタイプの育毛剤であれば効果があります。
当サイトで紹介しているチャップアップなどは

 

効果のある発毛剤ランキングトップへ