マッサージと抜け毛対策

抜け毛になってしまう原因とその解消法

髪の毛に関する悩みを抱えている方々は、とても多いです。
抜け毛などで悩む方々も数多いですが、それには様々な要因が考えられます。
決して1つだけではありません。
遺伝、パーマ、脱色、加齢、紫外線、ストレスと食生活等多数あります。

 

抜け毛になってしまう真因と原因を分けて考える

抜け毛自体は通常であれば、普通に起こることですね。
ただ抜け毛の量が異常になると、その真因はヘアサイクルの異常が問題といえるでしょう。

 

ヘアサイクルとは?
ヘアサイクルとは通常は、成長期→退行期→休止期となっており、その期間は2〜6年、3、4か月、2週間となっています。

要するに成長期が圧倒的に普通は長いんです。

 

しかしこのヘアサイクルの成長期が男性ホルモンのジヒドロテストステロンにより阻害されたり、頭皮ダメージを受け阻害されたりすると
成長期が数か月から1年程度になり、当然抜け毛も多いですし、髪が育ちませんので、伸びないということになりますよね。

 

このヘアサイクルの異常が、真因であり、その真因に導く原因として、

 

「遺伝、パーマ、脱色、加齢、紫外線、ストレスと食生活」

 

などがあり、そしてこれが男性ホルモンや頭皮ダメージにつながるというわけです。

 

 

抜け毛の原因

抜け毛の原因@ストレス

ストレスの問題は、やはり髪の毛とも無関係ではありません。
普段から多くのストレスを抱える方々は、どうしても髪の毛が抜ける本数も多くなる傾向があります。

 

ストレスが脱毛症に起因することも考えられるのです。
脱毛症の原因もまた非常に多様ですが、ストレスなどは、大いに原因に該当します。
また何か有害な物質などを吸引してしまった時なども、脱毛症になってしまう事もあるのです。

 

このため、ストレスマネジメントがポイントになってくるのです。
難しく考える必要はありません。
自分なりのストレス解消方法で、できるだけ減らすよう心がけると良いでしょう。
趣味などに没頭しても構いませんし、運動を心がけるだけでも、髪の毛の問題が解消される事例も多いです。

 

ストレス

 

抜け毛の原因Aシャンプー

それと、普段使っているシャンプーに関する問題も考えられます。
シャンプーに含まれる成分に原因が潜んでいる可能性があります。

 

食生活なども軽視できないポイントになります。
実はこの要因で抜け毛が多くなっている方々が、最も多いと言われています。

 

そもそもサラリーマンの方々などは、外食の機会が多くなり得るでしょう。
それで栄養分の偏りなどが生じて、抜け毛が促進されれケースも目立つのです。
また飲み会の頻度が多い方々なども、少し注意を要します。
過度なアルコール摂取は髪の血行を悪くし頭皮に悪影響を及ぼすからです。

 

外食や濃い食べ物は避けましょう。加えてお酒もたしなむ程度にする必要があります。

 

それと意外と多いのが、季節の変化に関する問題です。
夏の終わり頃から抜け毛が増えるケースも多いですが、それは一過性で終わってしまうケースが殆どです。
ある程度気温が落ち着いてくれば、抜け毛も解消されやすくなるでしょう。

 

抜け毛の原因B遺伝

遺伝は上記のヘアサイクルの異常を早めてしまうのが原因ですね。

 

遺伝で薄毛という直接的な関係性よりは、薄毛になりやすい体質が遺伝するんです。
男性ホルモンや頭皮環境等が遺伝により似るとしましょう。

 

男性ホルモンが多いことは、そして食生活等が家族のものを引き継いでおり、あまり良くない場合、
ジビデトテストステロンが大量発生することにより、薄毛の原因を作りだします。

 

また頭皮環境も異常を起こしやすいという結果にも繋がります。

 

抜け毛の原因Cパーマ・脱色

これは現代病に近いかもしれないですね。
パーマや脱色をする回数が増えれば頭皮が痛む可能性は高くなりますので、当然抜け毛の原因となりやすいでしょう。

 

 

男性と女性で薄毛の原因は変わりますでしょうか?

変わりますよ。

 

男性ホルモンと女性ホルモンの違いですね。
男性ホルモンは上記のジビデトテストステロンが大量発生することが原因のことが多いですし、
女性はエストロゲンなどの女性ホルモンが妊娠等やストレスにより増減することが抜け毛の原因になることがあります。

抜け毛対策

マッサージ

血行を良くし頭皮に栄養をいき届かせるにも育毛剤を浸透させて、効果を出すには、マッサージが効果があります。

 

指の腹を使って頭皮をもみます。
その時気をつけないといけないのは、爪をたてないことです。
首の付け根部分から始め、耳の後ろにかけてマッサージをします。
後頭部、側頭部をマッサージしながら、上に移動していきます。
片手で頭頂部をほぐしながら、もう片方の手で生え際周辺をもむと抜け毛対策になります。

 

マッサージ

 

毎日ツボを押すだけで抜け毛の本数が減る、目立たなくなるという効果が期待できるかというと、理由は、頭皮の血流が良くなることが挙げられます。
育毛剤は頭皮マッサージしながら使用していくとより効果が発揮できると言われていますが、それと同じです。
人間の体にはあちこちツボがあり、足の裏に集まっているといわれるように、そのツボを押すことで細胞が活性化することになるのです。

 

 

抜け毛の原因には、頭皮の老化、血流が悪くなることがあり、頭皮に流れている血が活性化することで必要な栄養素が毛穴の奥や髪の毛に行き渡ります。
髪の毛は頭皮が健康的にならなければ意味がなく、髪の毛だけケアしても抜け毛対策にはなりません。

 

ツボを刺激することで頭皮の血流が良くなり、抜け毛を防ぐことができると言われてて、抜け毛の原因の一つである、ストレスも減少します。

 

髪の洗い方

抜け毛を防ぐためには、髪をいつも清潔な状態に保つことが必要と言われています。
けれど毎日ちゃんと髪を洗っているにも関わらず、抜け毛が最近増えてきたとお困りの方もいらっしゃるでしょう。
毎日洗っているのにどうして?と思ってしまいますが、その原因は髪の洗い方にあるかもしれません。
抜け毛を防ぐ正しい髪の洗い方についてお話します。

 

髪の間違った洗い方
1.知らずにやってしまうことが多い間違った髪の洗い方とは?
髪の洗い方はわかっているつもりでも間違っている方は結構いらっしゃいますので、間違った髪の洗い方についてお話しておきます。

 

まずはお風呂に入った後、髪をいつ洗うかについてです。
お風呂に入ってすぐ洗う方、湯船にゆっくりつかってから身体や髪を洗う方、人によってやり方は様々ですが、抜け毛を防ぐためには湯船にゆっくりつかってから髪を洗うようにしてください。

 

お風呂に入ってすぐに髪を洗う場合、まだ毛穴が開いていませんから毛穴に詰まった汚れを取り除くことができません。
そのままではいくら髪を洗っても汚れや皮脂は取れませんから、毛穴が詰まって髪が抜けやすくなってしまいます。

 

もう一つ、シャンプーを手で取ってから髪につける方とシャンプーを直接髪につける方がいらっしゃいますが、シャンプーを直接か身につけますと、シャンプーが毛穴に詰まって抜け毛の原因が作られます。
シャンプーを使うときは最初は手にとって泡立ててから使うようにしましょう。

 

2.正しい髪の洗い方とは?
では、正しい髪の洗い方とはどのような方法なのでしょうか?
順を追って説明しますね。

 

髪の正しい洗い方

 

まずはシャンプーの前にぬるま湯で髪を洗います。
力を入れずにやさしく髪を洗うことで、表面のホコリなどを落とすことができますから、髪の汚れを取るためにシャンプーを付けてごしごし必要以上に洗うことがなくなります。

 

頭皮に優しい洗い方ですから、シャンプーの前に一手間かけて頭皮に負担のないぬるま湯で髪をさっと洗ってください。

 

次はいよいよシャンプーの出番です。
シャンプーを手に取ったらしっかり泡立てて髪の全体につけて洗っていきましょう。
爪を立てると頭皮を傷つけてしまいますから、指の腹を使って円を描くようにマッサージしながら洗うと気持ち良いですし、汚れや皮脂もきれいにとれます。

 

シャンプーが終わったらすすぎです。
シャンプーの成分が頭皮に残っていると頭皮トラブルや抜け毛の原因になりますから、時間を書けて丁寧にすすいでください。
すすぎが終わったら、乾いたタオルでやさしく抑えるようにして水分を拭き取ればすべて終了です。

 

髪のすすぎ

 

抜け毛が増えてくると育毛剤を使わなければ、育毛クリニックで相談しなければと焦ってしまいます。
けれど、まずは自分の髪の洗い方について、思い返してください。

 

シャンプーを直接か身につけて洗っている、またはお風呂に入ったら一番に髪を洗っているなど、間違った洗い方をしているようでしたら、まずはその部分を改めましょう。

 

気づかずにやっていた髪の間違った洗い方を改めるだけでも抜け毛の量をかなり減らすことができますよ。

 

 

抜け毛対策シャンプーと育毛剤を併用すると逆効果だと思いますがいかがでしょうか??

そんなことはないですよ。
シャンプーで頭皮環境を正常化プラス浸透しやすい頭皮にし、育毛剤でその浸透しやすい頭皮に抜け毛の原因を抑制する
成分の育毛剤を塗布します。

 

むしろ一緒に利用した方が効果はあがります。

 

 

病院

今はAGA専門のクリニック等もあります。
自費で1回3万円程度ですね。

 

高いので出来るだけ自身で解決する方が良いと思いますよ。

 

発毛剤効果おすすめランキングへ