フケを育毛剤で改善

私のフケトラブル体験談

フケを発毛剤で改善

私は30代後半の時、風邪をひいて高熱を出し、1週間寝込んだことがあります。

熱がなかなか下がらなかったため、1週間もの長い間、お風呂に入れませんでした。

 

その時、大量のフケが発生し、頭皮に赤い湿疹のようなものができて、頭皮が痛痒い感じがして、困ったことがあります。

 

「これはたぶん、長い間、髪を洗ってないせいだ」ということは何となくわかっていました。

 

熱が下がったらすぐに、シャンプーして、頭皮を清潔にしたのですが、どういうわけか、
それでも、フケは当分続き、 頭皮湿疹もなかなか直らず、相変わらず頭皮のかゆみに悩まされていました。

 

フケの体験談

 

皮膚科の医師に相談してみようとも思ったのですが、薬をもらわなくてはいけないほどの病気でもなかったので、薬局の薬剤師さんに相談してみました。
薬剤師さんの話によると、私のフケは、脂性フケというもので、頭皮に皮脂が多すぎることが原因だということでした。

 

でも、私は髪を毎日洗っているし、「頭皮の皮脂が詰まるような原因はないはず」と私は思ったので、
そのことを薬剤師さんに言ったところ、「頭皮が乾燥しすぎると、不足した脂分を補おうとして、逆に、皮脂が過剰に分泌されてしまうのだ」ということでした。
「そんなこともあるのか」と、私は、驚きました。

 

具体的な対策はどうしたらいいのかについても、質問してみたところ、脂性フケは、食生活の乱れによることが多いので、
それを改善すること、それと、シャンプーを肌に優しい刺激の少ない無添加のアミノ酸系のシャンプーに変えてみてはどうかアドバイスされました。

 

食生活の改善は、揚げものや甘いものなど、脂っこい食事を控え、ビタミン類やミネラルを多く多く含む食品を積極的に取るようにすることが大切ということでした。
それで、私は、揚げ物を食べないようにして、かぼちゃやほうれん草にんじんなどの野菜を積極的に摂るようにしました。

 

野菜は、なかなかたくさん取るのが難しいので、青汁を飲むようにしました。

 

さらに、シャンプーも少し変えてみることにしました。今までは、シャンプーの成分をあまり気にせず、使っていましたが、その時を機に、香料などが無添加のアミノ酸系シャンプーと、表示があるものに変えてみました。

 

この2つのことに気をつけるようになってから、フケや頭皮湿疹があまり出なくなりました。
私は、生活習慣を見直すことの大切さを痛感しました。

 

フケの原因は頭皮のターンオーバーの異常
上記の体験談の薬剤師さんのアドバイスはとても的を得ていて、食事とシャンプーで脂性のフケは改善可能です。

そもそもフケには乾性と脂性があり、今回は脂性でした。
通常フケは頭皮の表皮細胞がきちんと代謝され生まれ変わるターンオーバーが正常にできていないことが原因で起きます。

 

脂性は食生活の乱れで、皮脂が過剰分泌してしまい毛穴を埋めてしまうことが真因です。
後は今回は何日もお風呂にはいっていないので皮脂が残ったままだったことも一因としてはあるでしょう。

 

フケの改善には、食生活と発毛剤

フケの改善には食生活を正すことです。
それにより頭皮の皮脂の過剰分泌が防げるというわけです。

 

発毛と食事の関係についてはこちら

 

しかし中々現代人が脂っこくないものを食すのは厳しいと思います。

 

ですので、発毛剤による効果で正常は頭皮環境にする事も手段として1つあります。
発毛剤には天然由来の育毛成分が沢山あります。

 

これにより頭皮から必要な栄養を与える&頭皮の皮脂も取り除くことが可能です。

 

シャンプーでも改善も可能です。
ただ市販の石油系界面活性剤使用のシャンプーはやめ、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーを利用しましょう。
ただ、シャンプーはすぐに流してしまうので、
発毛剤の方が効果は持続します。

 

乾性のフケはシャンプーの強力な成分による異常の場合が多いので、

シャンプーを変えることをオススメします。

 

乾性のフケの体験談
頭皮が皮脂の分泌が多い場所でもあるのでしっかり洗髪しないと不衛生になってしまいニキビや湿疹が出来てしまうと思いました。

それで入浴中に頭皮にニキビや湿疹が出来ないようにしっかり洗髪をしていきました。
すると頭皮がスッキリとしたのでベタベタ感はしませんが、乾燥しやすくなってフケが出るようになりました。

 

フケが出るようになると肩の辺りに落ちてくるので黒い服を着ている時にすごく目立つようになりました。

 

また頭皮が乾燥している事で痒みが出てしまう事もあったので洗い過ぎが原因だと思いました。それでもう一度洗髪の方法を考えてみる事にしました。

 

洗髪をする時はシャンプーを使用していますが、洗浄力が強かったので洗い過ぎてしまうと頭皮に必要な皮脂まで落ちてしまい水分不足になっていました。それにより頭皮が乾燥しやすくなりフケや痒みが出る原因にもなっていました。

 

改善していくにはまず洗浄力の強いシャンプーを変えなければいけないと思いました。それで洗浄力の弱い弱酸性のシャンプーに変えて洗髪をするようにしました。すると頭皮が乾燥しなくなりフケや痒み出る事がなくなってきました。
頭皮が乾燥してフケや痒みが出てしまう原因はシャンプーの洗浄力が強かった事でした。

 

フケをシャンプーで改善

 

シャンプーを変えてから頭皮が乾燥しなくなりフケや痒みを抑える事が出来ましたが、洗い方にも注意しなければいけないと思いました。今まで爪を立てながらゴシゴシ洗っていたので頭皮を傷つけてしまう可能性がありました。

 

頭皮が傷ついてしまうと頭皮トラブルのリスクも高くなるので指の腹の部分でマッサージをするような感覚で優しく洗うようにしました。それで頭皮を傷つけない事を意識して洗うようにしました。

 

頭皮をしっかり洗って清潔を保ち続ける事はすごく大切ですが、洗い過ぎてしまっても頭皮トラブルが起こる事があるのでその辺りも注意しなければいけないと思いました。洗髪をする時はいろいろ考えてしなければいけない事が分かりました。

 

発毛剤の効果トップに戻る