発毛剤の効果

発毛剤にはどんな薄毛改善効果があるの?副作用はないの?

「お風呂の排水溝に大量の毛が・・・」
「髪をセットしていたら分け目や生え際が気になってきた」
など抜け毛の量が目立つことで自身がハゲてきているのでは?と悩みを持つ方は多いと思います。

 

そしてまずは食生活を変えてみたり、頭皮マッサージをしてみたり・・

 

でも抜け毛が全然改善しないと思う際に発毛剤や育毛剤に興味を持つかと思います。

 

しかし発毛剤や育毛剤ってどんな効果があるのでしょうか?
そもそも両者って何が違いなのでしょうか?

 

今回はその2点についてご紹介いたします。

 

まず発毛剤の効果について論じる前に、発毛剤と育毛剤の違いをしっかりと把握しておきましょう。
認識が合っていないと当然ですが、期待する効果は得る事が出来ません。

発毛剤と育毛剤の違いを簡単に説明

上記リンクの発毛剤と育毛剤の違いページを見ると詳しくおわかりと思いますが、
基本的な定義は
「発毛剤は毛を生やす事」

 

「育毛剤は成長させる事」
といわれています。

 

国が認定している発毛剤は「リアップ」のみで、他は認定はされていません。
リアップのミノキシジル成分は、血流改善し毛を生やす効果が認められております。
しかしその反面、性欲減退、多毛症などの副作用も報告されている副作用リスクありの商品がリアップなのです。

 

発毛剤育毛剤の違い

 

本来の期待する薄毛改善の効果は抜け毛が減り、髪がフサフサになること

ここで国の発毛剤の定義と、皆さんが考える薄毛改善の違いについて触れてみます。

 

みなさんは上記のように大量の抜け毛を見ることで、自身が薄毛になっているのでは?と不安になります。

 

となると本質的な解決は、抜け毛の量が減ることであり、髪がしっかり成長してフサフサになることですよね?

 

リアップは毛を生やす事は出来ますが、抜け毛予防には効果的ではありません。

 

「リアップの発毛剤の効果は毛を生やす事が出来る事」
です。

 

ですので当サイトでは、発毛効果や抜け毛予防効果もある医薬部外品の発毛剤をご紹介しています。
これらの商品を利用することで、抜け毛が減り、髪がしっかり成長しますので、
今まで抜けていった髪の分増えてるという印象を持つでしょう。

 

それではこれらの発毛剤の効果をご紹介します。

 

髪フサフサ

 

発毛剤の効果@男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の抑制

男性ホルモン「テストステロン」が5αリダクターゼという酵素を結びつき、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを発生させます。

 

この5αリダクターゼを抑える事で、世間で遺伝と捉えられていた抜け毛について予防・改善できます。

 

発毛剤の効果A頭皮の荒れを解消する

カラーやパーマ、整髪料により荒れている頭皮の表面をしっかりと保護し、回復させる効果があります。
これによりしっかりと頭皮を洗う事ができます。

 

発毛剤の効果B血行を促進させる

頭部は肩こりなどが原因で血行不良に陥りやすい部位です。

 

その血行不良について改善させる役割があります。

 

上記が当サイトで紹介している医薬部外品と呼ばれる発毛剤の効果になります。
医薬部外品は医薬品よりは審査は甘いですが、決して通過するのが簡単ではないので一定の信頼は得れるでしょう。

 

また副作用リスクがないことも医薬部外品の良い点です。

 

※むしろ医薬品でも医薬部外品でもない育毛剤や発毛剤は効果は期待できないでしょう。

 

血流改善

 

発毛剤の効果が早いのは、副作用の可能性があるかも!?商品選びのチェックポイント

上記に発毛剤の一般的な効果についてご紹介しましたが、

 

より効果のある発毛剤をご自身で知りたい場合は
・発毛剤の副作用はあるか?(医薬品か医薬部外品か)
・効果までの期間
・自身の薄毛タイプと発毛剤の効果を上げるポイント
自身の薄毛タイプと効果を上げるポイントについての詳細
上記をしっかり把握したうえで商品選定するようにしてください。

 

万人に効果のある発毛剤は存在しません。
発毛剤の口コミにおいて圧倒的に多いのがこの商品に対する効果に対する質問です。

 

ただその方の肌に合うか?薄毛の症状は何か?そして症状により効果の出る期間や効果が出ても副作用の可能性がある場合など、結構複雑なのが発毛剤なんです。

 

ですので、まずは、
・症状の把握
・副作用の有無などは、知っておくべき必須ポイントでしょう!

 

医薬部外品で効果が高い発毛剤のご紹介はこちら(ランキング形式で紹介しています)

 

発毛剤の効果が最も多い質問「リアップの効果」について

発毛剤について、聞かれる質問の1つにリアップの効果についてがあります。

 

結論から申し上げるとリアップは日本国内唯一の医薬品発毛剤であり、効果はあります。
しかし医薬品は医師のアドバイス等が必要であり、副作用も同様にあるケースが多いんです。

 

実際、リアップに含まれるミノキシジルとは副作用報告が様々あるといわれている発毛剤です。

 

リアップ成分のミノキシジルの副作用について

 

ですのでリアップはどうしてもという時以外は避けるのが賢明といえるでしょう。

 

医薬品とは何でしょうか?

主に製薬会社が何年もの月日とお金をかけて実験した結果生まれた商品です。
体にかなり強い影響が予想されるために医師の判断が必要になります。

 

今回のリアップについては国内発毛剤として認定された唯一の発毛剤なのですが、
元々は高血圧の方の血圧を下げる目的でミノキシジルが開発され、
それが発毛効果があることがわかったので、発毛剤として利用されました。

 

高血圧の方は血流が強く、血液の壁が厚くなることで心筋梗塞などのリスクを抱えてしまいます。
その血液の管を広くして血流改善を促す目的で作られたのがミノキシジルなので、
頭痛や勃起不全、性欲減退などの副作用があるといわれております。

 

おそらくは血管を太くすることで血液が分散してしまい上記のような症状になるのかと思います。
今も研究は進められたおりますが、実証はまだされておりません。

 

これに対してチャップアップなどは医薬部外品なので化粧品以上医薬品未満の効果なので丁度良いといわれているんです。

 

飲む発毛サプリの方が効果が高いといわれていますがどうでしょうか?

確かにおっしゃる通りで、飲む発毛剤サプリの方が、体に直に効くので効果は高いといわれております。
ただこれは男性ホルモンには効きますが、頭皮の皮脂詰まりなどには当然効きませんので、
発毛剤と併用することをオススメします。

 

またミノシキジルタブレットを検討される方もいますが、
上記と同様に副作用があるので避けましょう。

 

発毛剤って効果あるんでしょうか?

効果があるか?という口コミがやはり多いので発毛と抜け毛のメカニズムをお伝えします。
発毛も抜け毛も連動しておりますが、

 

男性ホルモンと頭皮異常が原因で起きます。

 

ですので両者を抑える成分が発毛剤に含まれていればそれは効果が期待できるという事になります。
発毛に効く成分についてはこちら

 

それらを自身でじっくりみて商品利用してみましょう。

効果のある発毛剤・育毛剤ランキングはこちら

 

下記は発毛剤の効果の口コミ集になります。
是非参考にしてください。

 

発毛剤の専門家

育毛剤メーカー勤務 蓮田 晶子

 

発毛剤を使用するときはただつけるだけではなく、頭皮のマッサージを合わせてすることによってより効果が出やすいとも言われています。

 

また抜け毛の原因は毛根にあるとも言われてますから、毛根の「皮脂のつまり」をまずは軽減させる必要も出てきます。
皮脂の分泌により毛根が詰まってしまい、栄養が行き届かないことが原因でもありますから頭皮のケアによって抜け毛を防ぎ、強い毛を育てることが可能になるのです。

 

 

こんにちは♪私が発毛剤の効果についてユーザーの声や体験談をまとめました!

 

発毛剤・育毛剤と呼ばれるものは発毛や髪を育む育毛の効果があるといわれておりますが、
実際のどのような効果があるかわからない方も多いと思います。

 

頭皮の臭い、フケ・かゆみなど様々な頭皮トラブルがあると思いますが、
ほとんどの場合、頭皮環境へのダメージであり、育毛剤・発毛剤で解決が可能です。

 

また遺伝に関しての薄毛も基本薄毛になりやすい体質=例えば男性ホルモンが多く、生活習慣の乱れで、
ジヒドロテストステロンが発生していたりするので、こちらも発毛剤で解決可能です。

 

是非、体験談からそちらもご確認ください。

 

発毛剤の初心者にはチャップアップがオススメ
発毛剤の効果についての口コミが多いですが、発毛剤初心者にはチャップアップがオススメです。

 

厚生労働省にも認可されていますし、育毛成分・発毛成分が根拠のあるものとなっています。

 

チャップアップの口コミや特徴はこちら

 

 

発毛剤の効果記事一覧

頭皮ケアとしての効果

年を重ねるごとに、髪にボリュー...

≫続きを読む

遺伝による薄毛に効果

私には髪がフサフサだった父親の...

≫続きを読む

短期間での発毛剤の効果

はじめまして、アラフォーの女性...

≫続きを読む

ヘビーユーザーからの発毛剤の効果体験

私はが二十歳くらいの頃です。2...

≫続きを読む

【頭皮トラブル】フケを育毛剤で改善!

私は30代後半の時、風邪をひい...

≫続きを読む