女性の薄毛も改善出来る発毛剤

女性の薄毛の原因は?

薄毛は男性の特権と昔の方の多くは思っているようですが、最近はそうでもありません。

 

最も多いのは、更年期になって女性ホルモンの分泌が減少して起こる薄毛ですが、40代中盤から50代後半にかけて、いわゆる更年期障害が起こる時期になると、排卵の停止などが原因で女性ホルモンは減少し、脱毛症になることもあります。

 

その他、
・出産後の抜け毛
・ピルなどの副作用の影響などもあります。

 

女性の薄毛

 

また過激なダイエットやパーマや脱色により頭皮が悪影響を受けることも女性ならではといえるでしょう。
特に髪染めは一般化してきた問題です。

 

美容院などでやる場合は安全性が高いですが、自宅で個人がやると頭皮に塗料が付着し頭皮に相当のダメージを与えます。

 

ただ最近は10代、20代、30代の女性の抜け毛や薄毛についてが問題視されています。

 

それには社会環境の変化が影響をしているようです。

 

女性の社会進出に伴うストレスも大きな問題

2017年の現在、男性で彼女がいない率は7割、女性でも6割といわれています。

 

そんな中、女性の晩婚化やキャリアウーマンとしての働き方を追求する女性も増えています。

 

特に平均年齢が40代の大手企業などでは古い体質が残り、男尊女卑のような社内環境もまだ多くあると聞きます。

 

そういったストレスでホルモンバランスが崩れ、頭皮や髪に影響を及ぼす人も多いですし、
仮に彼氏がいたとしても、キャリアウーマンと付き合える男性はあまりおらず男性の理解が得られないなんてこともあります。

 

食生活も乱れ、睡眠時間の短眠化、ストレスなど男性と変わらない社会環境になってきたともいえるでしょう。

 

生活環境の乱れ

 

女性の髪の毛の問題点は、主に2つ考えられる

保湿性に関する問題とホルモンの変化などが主として挙げられます。

 

 

まず前者の保湿性は、主に空気が乾燥しがち時期に生じる傾向があります。
日本では、冬の時期などは総じて空気が乾燥する傾向があるでしょう。

 

それで乾燥した状態ですと、やはり肌に対する様々な影響も生じやすくなる訳です。

 

冬の時期になると、毎年決まって肌が痒くて仕方が無い方々も見られます。

 

保湿力が弱まっていますので、どうしても肌トラブルが発生しやすくなるからです。

 

保湿

 

髪の毛というのは、実は肌と密接な関連性があるのです。
そもそも髪の毛自体は、頭皮という皮膚の表面に生えている事だけは間違いありません。

 

上記でも触れたような湿度に関する問題が発生した時には、やはり頭皮表面でも様々な問題が起きてしまう訳です。

 

腫れ物などが生じてしまうケースもたまにありますし、頭皮の痒みなどが生じてしまう事もあるのです。

 

そういった症状から派生して、抜け毛などが促進されてしまう傾向があります。

 

このため女性が抜け毛が気になっているなら、やはり保湿ケアなどが推奨されるでしょう。

 

市販の製品を見てみますと、ヒアルロン酸などが含まれている事もあります。

 

そういった成分が含まれる製品は、総じて保湿性を高めてくれる訳です。
頭皮も例外ではありません。またコラーゲンなども、頭皮に対しては一定の効果が期待できるでしょう。
もちろん保湿性を高める洗髪剤を用いるのも、それなりに効果が期待できます。

 

頭皮の保湿

 

乾燥に関する原因の他に、ホルモンの変化もあります。
特に出産後のタイミングなどでは、そういった問題が生じやすくなりますが先述の社会進出によるストレスでホルモンバランスが崩れてしまう人もいます。

 

出産後やストレス慢性時には、体内の成分が色々と変化する傾向があります。

 

普段と比べると、体内にあるホルモンの一部が増加してしまう事も珍しくありません。

 

ホルモン変化などは、肌表面に対して影響を及ぼしてしまう訳です。
頭皮に対しても、同じ事が言えます。

 

サプリメント

 

ではどうすればホルモンの状況を調整する事ができるかというと、おおむねサプリメントが推奨されるでしょう。

 

妊活の為のサプリメントなどは、ホルモンバランスを整えてくれる成分が、比較的多く含まれています。

 

葉酸サプリは女性の栄養バランスを整える為に開発されましたので、妊娠中だけではなく、健康状態を保つことにも有効的です。

 

それを摂取してみると、意外と簡単に抜け毛が解消される事例も見られます。

 

マカなどを含むサプリメントは、それなりに力が発揮されるケースも多いです。
口コミなどを参考にして、妊活用のサプリメントに着目してみると良いでしょう。

 

結局は、女性の抜け毛は乾燥とホルモンバランスという2つの要因が考えられる訳です。
年齢が高めな方々などは、前者に起因しているケースが目立ちます。
いずれの状況で洗髪剤に気を使う他に、サプリメントによる改善などが推奨されるでしょう。

 

ホルモンバランス

カラーリング、パーマによる弊害

カラーリングやパーマはおしゃれには欠かせません。
しかし、これらは頭皮に少なからずダメージを与えてしまいます。

 

カラーリングやパーマはそれ自体は髪の毛に対して行うので直接のダメージはありませんが、頭皮にカラーリング剤が付着したり、毛穴を塞いでしまったりするとそこが炎症を起こして頭皮を傷めてしまいます。

 

頭皮の炎症

 

そうすると薄毛や抜け毛の原因になります。
パーマ、カラーリング共に化学反応を起こさせて髪の毛にカラーリングしたり、ウエーブを付けたりするので髪の毛にダメージを与えることは確かです。
どちらもやらない方が髪を傷めないのはもちろんですが、おしゃれするためには必須になってきているので、最低限のルールを守るようにしましょう。
まずは、パーマとカラーリングを同時に行わないことです。

 

パーマ

 

美容室に行けば、美容師さんが1〜2週間空けることを勧めるはずですが、どちらも自宅で自分で行う場合、決して同じ日に行わずに最低でも1週間以上空けるようにしましょう。
また、パーマ、カラーリングの出来が気に入らなくてもすぐにやり直すのはダメージがひどくなります。
こちらは最低でも1、2か月空けてからかけ直し、染め直しするようにしましょう。

 

加齢による薄毛、抜け毛はある程度仕方のないことですが、以上のようなことを実践して少しでもダメージの少ない、健康な髪の毛を保てるようにすれば進行を遅らせることはできるはずです。

女性の薄毛の改善にはまず自宅ケア

女性の場合、男性のようにはげたりはしないのですが、全体的に髪の毛が薄くなってしまう為、目立ってしまいます。
薄毛の状態が気になるという時には、まずは自宅ケアを心がけましょう

1、生活習慣の見直し

外食は基本的には、髪によくないものが多いといわれています。
自炊がオススメですが出来るだけ野菜やビタミンを多く取るなどの対策をしていきましょう。
脂肪分が多い食品はやめましょう。

 

2、睡眠をしっかり取る

基本的に23時近くまで働く女性もいるようですが、最近ではアマゾンの創業者などのネット系企業の社長でさえも6時間以上は睡眠をとるようにしているようです。
できれば6時間半以上が良いという事も最近聞きました。

 

3、運動をする

女性は運動をするのが苦手という人も多く、ほとんど内勤の事務の方などは歩く歩数も少ないようです。
運動をしないと血流が悪くなり、髪にしっかりと栄養が渡りません。
出来るだけ1駅分歩くもしくは、土日しっかりと運動をしましょう。

 

4、頭皮マッサージ、ストレッチをする

頭皮マッサージやストレッチも血流促進に有効です。

 

上記自宅で出来る生活習慣はしっかりと改善しましょう。

 

生活習慣

 

女性の薄毛も改善出来る育毛剤

上記の上で、早く治したい方は育毛剤を利用しましょう。
育毛剤を使うことで、薄毛も解消しやすくなってきます。
塗るタイプの発毛剤の場合、頭皮に栄養を与える成分が入っていますので、頭皮の乾燥に悩んだときに最適になってきます。

 

とくに、肌の新陳代謝を促す成分が入っているものを使うことで、新しい皮膚細胞も再生しやすくなってきますので、薄毛も改善させることができるのです。

 

女性用の育毛剤は、つけたときに香りがよいものもありますので気分よく使うことができますし、出かける時にも安心して使用することが可能です。

 

外出する時に、髪の香りが気になるという時にも、ほかの方の反応を気にすることなく使っていける他、ハーブなどの自然な香りを頭皮に付けることで、いつも感じているストレスを軽減することができるでしょう。

 

女性の薄毛には、塗るタイプの発毛剤が効果的になってきますので、使ってみるとよいです。

 

女性育毛剤

女性の発毛剤の選び方

最近では、女性が薄毛で悩むことが多くなり、女性用発毛剤も数多く販売されるようになりました。

 

女性用発毛剤は、医薬品、医薬部外品、化粧品と分類されます。
医薬品は薬であるため副作用などの関係から、購入するため医師の処方が必要となります。医薬部外品と化粧品に分類されている商品は、ネット通販やドラッグストアなどで手軽に購入できます。

 

男性用の発毛剤は、原因である男性ホルモンに作用する成分が配合されています。

 

しかし、女性の薄毛の原因は、男性とは根本的に異なるため、女性が男性用発毛剤を使用するのはあまりいい影響を与えません。
女性の薄毛対策には、女性専用のものを使用することが大切です。
女性の発毛剤の多くは、頭皮環境を整える作用があります。
頭皮環境を整えることによって、育毛効果を高め、抜け毛を減らす効果を得られます。

 

女性の場合、発毛剤を選ぶポイントとしては、香りや使い心地を重視する方が多いようです。
発毛剤は、長く続けることで効果が現れるため、その点は重要視されています。

 

また、配合されている成分を確認して、自分の苦手な成分が入っていないかをチェックすることも重要です。
清涼感が苦手な方は、そういった成分が入っていないものを選ぶようにします。

 

発毛剤ランキングトップに戻る

それでもだめなら病院へ!

女性薄毛対策病院

髪ほど、見た目の印象を変えるものはありません。
髪があるとないとでは、大きく印象がかわります。せっかく顔立ちがかっこよくても、髪が薄かったり、なかったりすると、せっかくの顔立ちも活かせません。

 

上記の自宅ケアをしてなお治らない場合は病院は通いましょう。

 

CMで育毛や薄毛についてよく宣伝していまがその中でAGAなども今は話題です。

 

発毛剤ランキング体験者

女性の薄毛治療も病院でしっかりと対応してもらえます。

髪は女性の命ですから薄毛、抜け毛をそのまま放っておかず、いざという際はAGAも検討にいれてください。

 

髪の治療は早いに越したことがありません。
気になったら早めに専門の医療機関に相談しましょう。

 

この記事の編集責任者

発毛剤の専門家

育毛剤メーカー勤務 西田 穂香
二児の母をしながら、育毛剤・発毛剤メーカーに勤務。

 

 

 

 

発毛剤ランキングトップに戻る