発毛と遺伝

発毛は遺伝子が影響を受けています!その原因に打ち勝つために

以前から発毛には遺伝子によるリスクが避けられないと、広く知られています。
現在では学問上でも発毛に関する遺伝子が発見されて、AGA治療の発展に大きく貢献しています。

 

さらに解明されて薄毛遺伝子を引き継ぐ確率は、25%ほどです。
AGA治療の発展により医薬品など数多くの発毛製品が存在して、薄毛につながる遺伝子はありますが、遺伝子があるということは解決もできるという事を示唆しています。

 

発毛と遺伝

 

遺伝子の影響の男性型脱毛症や他の薄毛も、生活習慣改善や育毛剤、AGA治療で打ち勝つ可能性が出てきました。
遺伝だからとあきらめる必要は、ありません。

 

新しい有効成分が発見されて、以前の有名な2大AGA治療薬の3倍もの育毛効果があると証明されていて、中には天然成分だけで発毛する育毛剤も登場しています。

 

そのような効果の高い育毛剤と複数の発毛方法を併用することで、80%もの改善ができたという人もいます。
逆にいえば、生活習慣が薄毛を悪化させてしまうことでもあります。

 

薄くなる原因は様々ですが、早ければ20代からでも起きます。
すでに薄毛が進んでしまった場合はAGAの専門治療なども有効ですが、頭皮環境を健全に保ち発毛、育毛ケアは自宅でもおこなうことができます。
発毛効果の高い育毛剤と生活習慣改善が発毛につながります。
発毛と遺伝

 

生活習慣の改善の一つは、シャンプーなど頭皮環境の問題です。
シャンプーは一日一回を限度として、なるべく頭皮を乾燥させないことが重要です。
シャンプーは必要な皮脂を奪いとるため、シャンプー剤にも注意してバリア機能を失う乾燥には気をつけます。

 

さらにシャンプー中にも注意する点があります。
水洗いをしっかりおこなう、泡立ててから髪につける、指の腹でマッサージをするように洗う、シャンプー剤が残っていないていねいなすすぎです。
とくにすすぎは過剰な皮脂を抑えるためにも、重要です。

 

シャンプー剤が皮脂を奪いすぎて、毛穴を詰まらせる皮脂過剰を招いてしまいます。
もちろん育毛剤を使用しての頭皮マッサージは、毎日かかさず行いましょう。
頭皮が柔らかくなり血液循環で栄養分が行き渡り、発毛環境にとても重要です。

 

発毛と遺伝

 

睡眠時間がとても重要であることも、解明されています。
睡眠時間は薄毛進行のスピードと因果関係があります。睡眠不足は、ストレスと発毛環境を悪化させてしまいます。

 

ストレスは高血圧など血管の収縮と関係して、髪の毛に送られる栄養分も圧倒的に少なくなってしまいさらに薄毛が進行します。
理想的な睡眠時間は、一日6時間から7時間ほどです。

 

食生活の改善も有効です。
脂の多い食生活は皮脂の分泌を過剰にして、頭皮の毛穴を詰まらせる原因になり抜け毛が多くなってきます。味の濃い食事や塩分の高い食事は、肝機能が低下して血流悪化につながります。
太く強い髪の成長には、栄養分を運ぶ血液循環には重要です。

 

食事

 

 

アルコールもまた肝臓に強い負担を与えるため、適当な量にとどめましょう。
野菜、海藻類などは、ビタミン、ミネラルが豊富で血行促進、新陳代謝の活発化が期待できます。

 

身体を動かす運動は、血行促進、皮脂の分泌正常化、新陳代謝の促進など、発毛にとても有効です。
とくに有酸素運動は、発毛には効率的でおすすめです。

 

またとくに夏は紫外線が強く頭皮にダメージを与えるため、アウトドアの紫外線対策も重要です。
血液循環では、喫煙が発毛に悪影響であることは常識です。

 

 

ニコチンが血管を収縮させ、血流低下を招きます。
さらにタバコを吸うと肌の水分が奪われ頭皮の乾燥で、抜け毛が増えます。
タバコは男性ホルモンを増加させて、薄毛が加速します。
活性酸素、ビタミン破壊まだまだあります。

 

発毛剤ランキング研究所トップに戻る