発毛と育毛の違い

発毛と育毛と養毛の違いは何か?意味をしっかりと知る!

薄毛で悩みだすと、発毛や育毛いう言葉に敏感になりますね。
育毛は育てて、発毛は新しく生やすのかなぁ位に思っていると思います。

 

今回は発毛、育毛、養毛までそれぞれの意味をご紹介いたします。

 

発毛とは?

発毛とは、まさに新しく毛を生やす事。
もう少し詳しく紹介すると、血流などを改善することで、
今まで休んでいる毛穴から毛を生やす事です。

 

育毛とは?

育毛とは今ある髪をしっかりと成長させることです。

 

髪はヘアサイクルという仕組みで生えてから抜けるまでを経過しているので、
そのヘアサイクルをしっかり経過するようにします。

 

養毛とは?

字のごとくで髪に栄養を与えて髪の栄養不足からの脱毛を防ぐことです。

 

上記が発毛、育毛、養毛の概念的な意味ですが、これが分かっても薄毛の改善にはつながりませんね。

 

実際に皆さんが悩んでいる薄毛問題の改善には、
定義よりも重要なヘアサイクルというものが関係しています。

 

実は発毛も育毛も全てはヘアサイクルに関係がある

実は自身の薄毛を改善するために必要な概念とは

 

ヘアサイクル

 

というものです。

 

ヘアサイクルとは、髪が生えてから抜けるまでの一連の流れのことで

 

成長期→退行期→休止期の3段階に分かれています。
各サイクルは2〜7年、3〜4か月、3週間程度という期間がかかるといわれています。

 

このサイクルが正常であれば、薄毛が目立つという事はありません。

 

このサイクルの成長期に異常が起きて、本来成長する期間が短くなることが薄毛の原因になるのです。

 

遺伝も食事やストレスなどの生活習慣も全てヘアサイクルに関係がある

よく遺伝でハゲるという事がありますが、
これも遺伝により男性ホルモンが多いこと、そこに酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンという悪いホルモンが発生することで、
ヘアサイクルに異常をきたし、成長期が短くなります。

 

パーマ、カラーや整髪料、食事、睡眠不足、喫煙などは頭皮環境の異常に繋がり、
ヘアサイクルに異常をもたらします。

 

全ての薄毛の原因はヘアサイクルの異常が真因であり、発毛も育毛も全てはヘアサイクルを正常化させるために生じるというわけです。

ヘアサイクル

 

発毛剤と育毛剤は何が違うの?

上記に示したとおり、発毛剤は血流改善や男性ホルモンの抑制により、ヘアサイクルを正常化させることで、
育毛剤は頭皮に栄養を与え、ヘアサイクルを正常化させることです。

 

ただ注意点が必要なのは
国内で発毛剤と認定されているのは「リアップ」だけで他の商品は正式に発毛剤とは名乗ることができませんが、
地際に発毛剤の効果が期待できる育毛剤は多数存在するということです。

 

発毛剤の見分け方は医薬品か医薬部外品か?

現在、日本では医薬品の商品である「リアップ」のみが発毛剤認定されています。

 

リアップ

 

それとは逆に医薬部外品の育毛剤というものがあります。
当サイトで紹介しているチャップアップやイクオスがそれに該当し、厚生労働省も認可しています。

 

医薬品か医薬部外品かは副作用の有無が目印です。

 

医薬部外品の商品は副作用がないですが、医薬品は副作用のリスクがあります。

 

またリアップは発毛効果はありますが、育毛や養毛効果は薄いです。

 

医薬部外品の育毛剤は
発毛や育毛、養毛の意味でも紹介した役割は全て網羅しています。

 

これらを考慮すると、医薬部外品の育毛剤がオススメです。

 

人気の医薬部外品の育毛剤ランキングはこちら