発毛剤は、育毛剤とは違うもの?

発毛剤と育毛剤の違い

頭髪の悩みを解決するための商品というのは、本当にたくさんありますよね。

 

その中でも代表的なものといえば、発毛剤と育毛剤なのではないでしょうか。
お世話になっている方も多いと思います。
では、その発毛剤と育毛剤とは効果が変わってくるものなのでしょうか。
今回は発毛剤と育毛剤との厳密な違いについて記していきたいと思います。

 

発毛剤というのは、頭髪を生む、髪の毛が無かった所から生やす、という効果を生み出すものです。
髪に対する作用というのは大きいといえます。脱毛になってしまった場合には発毛剤が有効だと言えます。

 

発毛剤とは

 

発毛剤に比べて育毛剤は、今ある頭髪の成長を促すものです。
つまり、発毛剤は無いものを生み出そうとする効果が、育毛剤には現在の頭髪を強く元気なものにするという違いがあります。

 

 

副作用の観点からの発毛剤・育毛剤の違い

それでは次は副作用の観点からの発毛剤・育毛剤の違いはお伝えします。

 

まず発毛剤はリアップなどが有名ですが、医薬品ということは副作用がセットで付いてくるとイメージしてもよいでしょう。
大正製薬という大手の製薬会社が何千回という過程を経て、開発した製品です。
医薬品と呼ばれるものは成果や効果がある反面、その体内への影響が強く、副作用をもたらします。

 

ですので医者などがしっかりと取り扱い説明書を渡したり説明したりして販売するのです。

 

その点、育毛剤の多くは医薬部外品ですので、体内への影響が低い分、副作用もありません。
要するに効果が高いものは副作用が発生しやすい。
ですので軽度な薄毛などには、育毛剤がよいといえるでしょう。

 

医薬品

 

自分の髪の状況をよく把握した上でどちらを使うべきかというのを考えてから使うのが重要だと思います。

 

ただし、発毛剤は育毛効果を兼ね備えていないものもあるのですが、現在の発毛剤、特に口コミで人気になっており当サイトでも紹介している発毛剤は、は育毛効果も兼ね備えているので、真剣に抜け毛を防止し髪を生やしていきたいなら発毛剤がおすすめです。

 

慎重派の方は発毛剤はオススメしません

世の中にはリスクテイカーと呼ばれるような人と安定志向の人がいます。

 

発毛剤・育毛剤

 

例えば銀行勤めの方や公務員の方は安定志向になりがちでベンチャー企業に勤めている方は
リスク志向になりがちという傾向があるようです

 

そんな中、発毛剤に論点を当ててお話すると、発毛剤は体内に影響を与えて意識的に男性ホルモンなどに作用を与えます。

 

育毛剤などは、頭皮環境の整備などで汚れ除去や今ある状態を健全に戻す作用です。
見ての通りで発毛剤はリスクが高いです。
副作用の報告も多いですし、妊活中の方などはホルモンバランスが重要なので注意という事が
発毛剤の取り扱い説明書には記載があります。

 

医師診断

 

しっかりと自身のタイプを考えて発毛剤か育毛剤選択をしましょう。
当サイトでは医薬品ではない医薬部外品の育毛剤を紹介しています。
その差は副作用があるかないかと医師の相談がいるか等です。
効果も高いと評判の商品も多いので参考にしてみてください

 

育毛剤のオススメランキングトップをご紹介