薄毛と年齢

薄毛は年齢に関係なく起こるもの

薄毛は高齢になったから起こると言うものではありません。
当然加齢により髪が老化し、自然に抜けることはあります。

 

しかし最近では早いひとなら10代から薄毛に悩むケースもあります。
当然加齢により薄毛になるというのはありますが、それは体のホルモンなどが影響しています。

 

髪にはヘアサイクルというものはあり、加齢とともに短くなるのですが、これが様々な原因により短くなると抜け毛が多くなり薄毛になります。

 

最近の若者の薄毛や抜け毛の原因の多くは
・乱れた生活習慣
・ストレス
・脱色や繰り返し行ったパーマなどが要因として挙げられています。

 

また若い方の薄毛の場合には皮脂が過剰に分泌することも原因として考えられるのです。
過剰分泌の皮脂は頭皮の呼吸の穴を塞いでしまい、髪が健全に成長できなくなってしまうわけです。

 

まずはこれらの原因が自分に当てはまるかどうかを考えてみましょう。

 

この原因に種類によって
・育毛成分には血行促進に効果があるもの
・頭皮の皮脂を落としてくれるもの
・毛根自体に栄養を補給するためのものなど
成分にもたくさんの種類があります。

 

自分の薄毛の原因

発毛剤は高いからいいわけではなく自分にあったものがいい

頭皮環境

発毛剤は上記のように薄毛の原因により、選ぶべきです。

 

例えば、食生活などの場合は別のサプリメントや生活習慣の改善をしてから兼用で発毛剤を使うべきです。

 

また睡眠不足はストレスは頭皮に十分な血液や栄養が回らない可能性が高いので、こちらも注意が必要です。

 

過剰分泌皮脂による皮脂埋まりや、血行不良の場合は頭皮環境が原因なので、育毛剤より育毛シャンプーが効果が高いでしょう。

 

ただ妊活中の方は医薬品の発毛剤より医薬部外品の発毛剤がよいでしょう。

 

 

発毛剤効果おすすめランキングへ


40代から真剣に育毛を開始しました

40代女性体験談

私は47歳の女性です。
髪は若いころから剛毛で量もたっぷりで健康なストレートヘアでした。

 

ですから今まで特別なヘアケアもしたこともなかったですし、シャンプーだって市販の安いものをずっと使っていました。それでも今まで髪に関して悩んだこともなかったですし腰まであるロングヘアを楽しんできました。
ところがそんな私の髪に異変を感じるようになったのは40歳になったころからです。
最初は抜け毛から始まりました。

 

排水溝

髪が長いので余計に排水溝にたまった髪が気になったのです。
そして今度は頭皮のトラブルが出てきました。フケ、かゆみ、湿疹などなど本当に辛かったですね。
その時から真剣に育毛を決意しました。

 

美容師さんに相談し頭皮を健康にし、よいシャンプーを使用することにしました。プラス育毛剤で髪を頭皮から改善することにしたのです。
もちろん髪はばっさりと切りました。なるべく頭皮に負担をかけたくなかったのです。

 

そして食事や生活習慣も改善しました。
髪の健康は体の健康とリンクしているのだと実感しましたね。
髪が元気になると体調もどんどんよくなり疲れにくくなりました。加齢が原因だとわかっていますが、髪もケアしないと将来大変なことになってしまいますからね。