発毛について

多くの人が悩んでいる発毛について!発毛方法や対策についてご紹介します!

現在、社会環境の急激な変化により、
ストレス、睡眠不足、パーマやカラーなどの髪のお洒落などが影響し、薄毛に悩む人は5人に1人といわれています。

 

そんな中、

 

「髪をもっと増やしたい」

 

発毛したいというニーズは年々増えてきています。

 

しかし発毛について誤った認識を持っている方が大多数ですので
正しい情報をご紹介させていただきます。

 

正しい情報

そもそも発毛とはどんな意味?発毛と育毛の違いは?

発毛とはそもそも何でしょうか?

 

一般的に発毛とは「髪が0から生えることを意味します。」

 

対象的に育毛は「髪が成長することを意味します。」

 

これが実は異なるもののように認識されていますが、実はメカニズムとしては一緒です。

 

発毛と育毛を理解する髪のヘアサイクル

これには髪のヘアサイクルの理解が必要になります。

 

髪は、発毛から脱毛までヘアサイクルと呼ばれる一連の流れを踏みます。

 

成長期→退行期→休止期という3つの段階に分かれ、
2〜7年、3〜4か月、3週間程度という期間に大別されております。

 

髪の80%は成長期に分類されているのですが、
薄毛になってしまう原因はこの成長期が極端に短くすぐに脱毛してしまうことにあります。

 

要するに発毛に関してはみな同様に生えているわけです。
しかし抜けるスピードが早いので薄毛に見えてしまうというわけです。

 

本当は、ヘアサイクルを正常化し、成長期を正常化すること=育毛が薄毛改善には効果的なんです。

 

ヘアサイクル(髪の成長期)を短くする原因とは何か?

髪の成長期はなぜ短くなるのでしょうか?

 

ここには実は、2つの要因が潜んでいます。

 

1つは、男性ホルモンの異常分泌です。
これが世に言う遺伝と呼ばれるものです。

 

そしてもう1つが、頭皮環境の異常です。

 

男性ホルモンに関しては、5αリダクターゼとう酵素が関係してくるのですが、
これは元々の遺伝的な量に加えてストレスや睡眠不足などで大量に発生します。

 

そして頭皮環境は日々のケア、食事、整髪料、パーマなど多数の悪影響の要因があります。

 

これらの生活習慣と元々の体質が成長期を妨げる要因=薄毛の要因となっているというわけです。

 

こんな生活をしている人は薄毛(ヘアサイクルが乱れやすい)になりやすい

例えばこんな人はヘアサイクルが異常をきたします。

 

・タバコを吸う人

・過度な飲酒
・慢性的なストレス
・寝不足
・パーマ・カラーの多様
・洗浄力の強いシャンプー
・朝シャン
・ジェンクフード中心の食生活
など




 

上記の方は、結果的には頭皮が異常を起こすもしくは、5αリダクターゼが異常発生します。

 

例えば過度な飲酒は本来頭皮に行き渡る栄養を消費してしまう作用がありますし、
ストレスや睡眠不足は血行不良の原因になります。

 

ジャンクフードの偏った栄養の摂取は、頭皮への栄養不足を引き起こし
シャンプーなどは頭皮を必要以上に洗浄し荒れに繋がったり、皮脂で毛穴を防いでしまいヘアサイクルの異常に繋がります。

 

頭皮の正常化

 

発毛に関して〜まとめ

いかがでしょうか?
発毛とは0から生えることですが、本来は同じ量生えている毛が、
ヘアサイクルの異常により脱毛していることで薄毛が目立つという事が分かったかと思います。

 

ヘアサイクルを正常化する事が、薄毛対策には効果的なんです。

 

では発毛について分かった所で、薄毛症状が出てしまった場合どのように対応したらよいのか?
下記ではそちらをご紹介いたします。

では発毛させる(正しい育毛)方法とは?

それでは発毛させる(正確にはヘアサイクルを正常化する)為の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

食生活を整える

よく言われることですが、亜鉛や大豆、海藻類、野菜などを中心とした食生活をしましょう。

 

一般的には1日必要とされる品目は30品目といいますが、
ジャンクフードやインスタントラーメンなど中心の生活ではその栄養素が補うことができません。

 

偏った栄養しか頭皮にいかなくなるので、毛根はしっかりと成長しません。

 

野菜

 

亜鉛やビタミンA、ビタミンE、ミネラル、たんぱく質などは発毛促進や薄毛改善に効果のある栄養素です。

 

関連ページ

発毛と食事の詳細はこちら

 

1日6時間以上の睡眠

できれば6時間半以上が望ましいです。

 

そして午後10時〜深夜2時までの頭皮の新陳代謝が行われる時間に寝るように心掛けましょう。
睡眠不足ですと、疲れなどの原因となります。

 

ストレスを溜めない

同様にストレスも酵素を大量発生する要因になります。

 

運動や日々の趣味などあまりストレスを溜めないようにしましょう。

 

運動

 

シャンプーを変える

多くの方は安価は石油系界面活性剤のシャンプーを利用していますが、
肌と同じアミノ酸系のシャンプーに変更しましょう。

 

発毛剤・育毛剤を利用する

発毛剤と育毛剤に関しても注意が必要です。

 

国内認定の発毛剤は「リアップ」のみでこれは医薬品に分類され、処方を間違えると副作用リスクがあります。

 

そして発毛剤は髪を0から生やす事で、ヘアサイクルを正常化する事ではありません。
これは多くの方が知らない発毛剤の真実です。

 

できれば医薬品ではない医薬部外品の育毛剤を使用しましょう。

 

医薬部外品の育毛剤は国の審査を一定満たしており、しっかりとした成分配合があります。

 

発毛に効く成分をしっかりと意識して購入しましょう!
もし発毛や育毛剤を検討の場合は発毛に効く成分をしっかりと選びましょう。

具体的には、男性ホルモンの抑制効果のあるものと頭皮の血行改善や栄養を与える成分を含む商品を選びましょう。

 

例えば、ノコギリヤシやキャピキシルは頭皮に悪影響な男性ホルモンの抑制効果がありますし、
センブリエキスやM-034は血行促進や栄養補給作用があります。

 

関連ページ

発毛に効く発毛剤の成分はこちら

 

病院へ通う

最近はAGA対策の病院も増えてきました。

 

どうしても不安な方は、お金が高いですが病院に通いましょう。

 

AGA

 

人気の発毛剤・育毛剤のランキング研究所トップに戻る

発毛について記事一覧

家族にも秘密にしたい育毛生活

若いころからもともと髪は多くな...

≫続きを読む