発毛剤のおすすめランキング

現在の『売れ筋発毛剤』を比較調査&ランキング

育毛ランキング案内人

本当に効果がある発毛剤のみを集めてランキングにしました。

 

今ではいろんな種類の発毛・育毛商品がありますよね。

 

育毛効果をうたった成分が配合されているもの、薄毛や抜け毛予防として頭皮に効果があるというものなど、実際に自分に合った発毛剤を選ぼうとすると、どれを選んでいいか難しいと思います。

 

そこで当サイトは、実際に発毛剤を使ったことのある方々から口コミを集め、徹底調査し総合評価でランキングでました。(男性女性両方を口コミ調査対象としています。)

 

比較育毛剤数が最大級

 

 

そして、

 

「誰が使ってもコンスタントに効果が出る」発毛剤

 

のみを口コミランキングとしてご紹介していますのでご参考にして下さい!

 

もうハゲや薄毛の心配とはオサラバしませんか?

 

<調査概要>
・調査目的:効果がありかつ、安心安全な発毛剤・育毛剤に関する利用者の口コミ、経験談のまとめ・発信
・調査方法:WEB上のアンケート、ヒアリング調査
・調査対象者:20代〜50代(うち男性:69% 女性31%)
・有効回答数:589名

育毛剤ランキングはこちら

発毛剤ランキング1位
おすすめ比較ランキング

発毛剤では現在一番効果大!!

 

現在まで数え切れないほどのメディアや雑誌に取り上げられている不動の発毛剤ランキング1位のチャップアップ。

各界の専門家からもお墨付きの、現在一番効果が高いと言われているチャップアップ。科学的にも、薄毛や抜け毛の原因にダイレクトに効果がある、実験に基づいた成分50種類を配合し、どんな原因の薄毛・抜け毛でも対応できるように有効成分が含まれています。

 

発毛剤ランキング1位公式サイトへ

主な成分

特徴

満足度

北海道ミツイシコンブ由来エキス・センブリエキス・ビワ葉エキス他、50種類の育毛成分配合

無添加・無香料/返金保証/男女兼用

おすすめ比較ランキング

発毛剤ランキング2位
イクオス

満足度97.5%の脅威の満足度!早い方は1か月で!

 

モンドセレクションで金賞にも輝いており、髪が生えてきた!という口コミを非常によく見るようになった発毛剤ですね。

 

楽天やAmazon、yahooショッピングでは売っておらず、公式サイトのみでの販売になっています。

 

しっかりと全額返金保証もついているので安心です。
livedoorニュースやgooニュースなど主要なメディアで軒並み掲載されている話題の育毛剤です。詳しくは以下から見てみてくださいね。

 

発毛効果のある育毛剤

主な成分

特徴

満足度

M‐034、グリチルリチンなど

無添加・無香料・無着色/全額返金保証/男女兼用

発毛剤,ランキング,口コミ,人気,効果,発毛剤ランキング最新かわら版

発毛剤ランキング3位
副作用ない育毛ランキング

累計300万本突破!40・50代に絶大な人気!

 

日本だけでなく世界中で特許成分として認められている育毛有効成分である「長鎖分割ポリリン酸」がさらに強力な効果を持った「バイオポリリン酸」を30%も増量しました。

現在おすすめ比較ランキング3位に君臨しています。

 

そして商品の成分を再度見直し、以前のものよりも16.8倍パワーアップして再登場しました!全額保証があるので満足できなかった場合にも安心!

 

発毛剤おすすめランキング3位へ

主な成分

特徴

満足度

バイオポリリン酸(育毛効果が圧倒的)

無香料・メンソール感あり/全額返金保証/男女兼用

発毛剤,ランキング,口コミ,人気,効果,発毛剤ランキング最新かわら版

発毛剤ランキング4位
おすすめ薄毛防止ランキング商品

皮脂が気になる方はこの育毛剤!

 

「ナノアクションD」は、皮脂が多い方の頭皮にはなかなか育毛剤が浸透しないという声から生まれた、ナノ技術を駆使したナノ粒子の発毛剤で、現在おすすめランキング4位です。

 

せっかく効果がある発毛剤でも、頭皮や毛穴まで届かなければ意味がありません。
実際にそのような現象は起きていて、特に皮脂が多い方、頭皮の脂が多い方は、発毛剤を使っても効果がなく悩んでいたりします。

 

「ナノアクションD」に含まれているナノ粒子の成分は、皮脂を突破し頭皮にダイレクトに浸透します。
浸透力は他の発毛剤を圧倒します。
また、スプレーボトル式なので使いやすく、液だれなどもしません!

 

詳しくはぜひ公式サイトをご覧ください。

 

発毛剤ランキングサイトへ

主な成分

特徴

満足度

ニンジンエキス・酢酸DL-α-トコフェロール・センブリエキス

メンソール系のほのかな香り/返金保証あり/男性専用

おすすめ比較ランキング


発毛剤について知っておくべきこと

育毛剤の副作用

 

発毛剤を購入・使用する場合には副作用についてしっかりと把握しておく必要があります。

 

発毛剤の中でも女性が触れる事を禁じたものは多くありますが、それらについては特に注意が必要です。なぜなら、胎児への有害な影響を及ぼす危険があるからです。

 

男性が使う場合に保管方法を考えず安易に放置しておくと、女性が塗布・内服せずとも触れるだけで体の表面から吸収してしまい体に悪影響を与えてしまう場合もあります。

 

 

他にも内臓疾患のある人も使用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。なぜなら発毛剤の成分には心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性があるからです。

 

 

こんなことばかり書いてしまうと、発毛剤がとても怖いという印象を持ってしまわれるかもしれませんが、薬には必ず副作用が伴います。それはどんな良い薬でも使用方法を間違えれば必ず毒になってしまうからです。

 

 

薬の持つ効果を最大限に引き出す為に大切なことは用法・用量を守って正しく使用することです。薬と正しく付き合う事ができれば、それほど怖がる必要は無いでしょう。

 

 

理解しておくべき発毛剤の副作用

育毛剤・発毛剤選びの際にはどんな風に選んでいますか?

 

発毛剤の効果ランキング

 

金額や知名度、メーカーなどで選ぶという方も多いのではないでしょうか。
実はそういった選び方をする方が、男性女性ともに一定数いらっしゃるのですが、そのような選び方はあまりお勧めしません。

 

 

育毛剤を使う場合、「副作用」というリスクがあります。
薬には、大なり小なり副作用があります。

 

 

育毛剤・発毛剤は、「医薬部外品」ではあるものの、何十種類という成分が含まれているので、それなりの副作用があることは認識しておいてください。

 

 

育毛剤には「飲むタイプ」と「塗るタイプ」がありますが、多くの人が使っているのは塗るタイプで、これは「液体タイプ」「ミストタイプ」「スプレータイプ」の3種類に分けられますが、いずれも同様の副作用があります。
それは、「肌アレルギー」です。

 

化学添加物が少しでも含まれていれば、肌が拒否反応を示す可能性が出てきます。
主な症状は「ニキビ」「かゆみ」「発疹」などで、ひどい場合は肌が剥けてしまうこともあります。

 

総合的なランキングでも、ミノキシジルが入った発毛剤が結果的にランクインしなかったのですが、今後も当サイトではミノキシジル成分配合の育毛剤はランキングに入れない方針を検討しております。

 

 

発毛効果が強力な薬剤の場合、副作用の可能性が高いものが多く注意が必要です。

 

特にミノキシジルやフィナステリド等を配合した発毛剤の中には様々な副作用の症例が報告されているものもある為、体の弱い人やアレルギー体質の人は使用を避けた方が良い場合もあります。では副作用の症状にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

ミノキシジルとフィナステリド

どちらもAGA治療に使用されている育毛剤に配合されている成分です。2つの成分の効果についてそれぞれ見ていきましょう。

 

フィナステリドはAGA治療薬のプロペシアに配合されている成分であり薄毛の原因である男性ホルモンの働きを阻害しDHT(ジヒドロテストステロン)をつくらせないようにします。こうしてAGAの進行を止めている間に髪の毛の成長を促すようにします。この効果を持続させる為には継続的に服用する必要があり、即効性はありません。

 

フィナステリドは元来前立腺肥大症の治療薬でありホルモンの働きを調整する作用がある為、発症率は非常に低いですが性機能に関する副作用の恐れがあります。

 

他にも女性が服用すると体のホルモンバランスが崩れて様々な障害を引き起こすので絶対に避けて下さい。
また、女性は触れるだけでもリスクがありますので注意が必要です。

 

次にミノキシジルについてですが、もともとはアメリカで血管拡張剤として高血圧の患者の内服薬として使用されていたものです。

 

服用していた患者の体毛が濃くなるという副作用から研究が進められ、外用薬としての臨床試験を行った結果脱毛症に有効であると判明しました。

 

ミノキシジルの副作用として最も多いものは頭皮のかゆみです。他にもめまいやむくみ等が出ることもあります。また、個人差はあるもののミノキシジルを服用する事は薄毛改善に関して比較的即効性が高いようです。

 

ミノキシジルの副作用

育毛剤の副作用
今まで金額や知名度などで選んだ様々な育毛剤・発毛剤を利用してきても、殆どの物は効果が無かったという方が結構いらっしゃいます。

 

市販で売られている育毛・発毛剤がありますが、基本的にミノキシジルが配合されている発毛剤です。

 

日本製品の場合ですとリアップが有名ですが、ミノキシジルが配合されており、ミノキシジルは現在副作用が出る成分として海外では医薬品としても使用中止になっている地域もあります。

 

ミノキシジルとは

AGA治療に使用されている発毛剤に配合されている成分「ミノキシジル」についてご説明します。

 

・もともとは血圧降下剤
ミノキシジルはもともと血圧を降下するための薬として開発されていましたが、開発の過程において患者の髪の毛が生えるという副作用が確認されました。

 

これは高血圧患者の血圧を下げる為に作られていた薬が血管を拡張させ血流を良くする事で頭皮に栄養が行き渡り発毛しやすい環境を整えてくれた為ではと考えられ、本格的に研究が進められた結果発毛剤として形を変えました。

 

・どこで買えるの
専門の医療機関へ行き処方してもらうのが良いでしょう。しかし通院の手間や費用を抑えたいのであれば個人で購入する方法もあります。日本で販売されているミノキシジルは塗布型のみです。

 

飲むタイプのミノキシジルは海外でしか販売されていない為個人輸入等でしか手に入れる事が出来ません。
塗布型ミノキシジルの代表的なものは「リアップ」等があり、誰でも普通に購入する事ができます。
対して個人輸入で購入できるミノキシジルには塗布型と経口薬があり、「ロゲイン」「ミノキシジルタブレット」等のAGA治療薬があります。

 

発毛剤の効果ランキング

特に男性の場合は副作用が出やすいとのことです。

頭皮トラブル

まず発毛剤の副作用でよくあるものは頭皮のかゆみやかぶれといった頭皮トラブルです。

 

敏感肌の人やアレルギーもしくはアトピー体質の人は注意が必要です。

 

発毛剤を使用する以前に化粧品や薬剤で発疹等の反応が出たことのある人、又はすでに湿疹等の症状がある人はすぐに使用を中止しましょう。

 

多毛症

発毛剤に含まれる成分ミノキシジルによる副作用です。

 

ミノキシジルは、もともと高血圧の患者の血流を改善して血圧を降下する為の薬として処方されていましたが、後に発毛の作用があると認められ発毛剤に使用されるようになりました。

 

しかし、その発毛効果が頭だけではなく、腕や足など体のあらゆる所から毛が生えてくるといった症状が出たり、全身の体毛が濃くなるといった症例も報告されています。

 

ミノキシジルを使用する前に

以下の項目に該当する人はミノキシジルを使用する事が出来ません。
【ミノキシジルを利用出来ない方】
・心臓・腎臓・肝機能の障害がある人や人工透析患者
・高齢者・血圧異常・循環器に疾患がある人
・ミノキシジルに対してアレルギー反応がある人
・未成年
・頭皮に肌荒れや傷がある人
発毛効果の高いミノキシジルですが、用法・用量を守らずに使用すると副作用が発症する場合があります。いきなり含有量の高いものを使用するのは避けて下さい。なるべく少量で様子を見ながら徐々に摂取量を増やしていく等、副作用のリスクを減らす工夫を行いながら安全にミノキシジルを使用しましょう。

 

 

ミノキシジルの副作用についてはこちらのサイトに記載しています。
ミノキシジル副作用効果研究センター

 

 

フィナステリド系の副作用

フィナステリド系の物だと「勃起不全」「精子の減少」といった男性特有の症状がありますが、これらはまだ研究段階にあり、医学的に証明されてはいません。

 

しかし、女性は薄毛治療にプロペシアは服用できません。プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれている為です。

 

育毛剤の副作用

 

このフィナステリドとはAGA治療薬の成分のひとつであり、男性ホルモンの活動を阻害しDHT(ジヒドロテストステロン)をつくらせないようにするものです。副作用の恐れがある為女性は服用できず、妊婦さんや妊娠の可能性がある女性は薬剤に触れる事も出来ません。

 

 

フィナステリドの成分が含まれた血液を誤って女性に輸血しないようにする為、服用中の献血も禁止されています。

 

献血出来る様にするにはフィナステリド成分が完全に消えている必要があります。成分が消えるまでの期間は服用を中止してから約1ヶ月かかりますので、献血は行う時は期間に十分注意して下さい。

 

副作用1 性欲減退

薄毛治療の薬を服用していく上で心配な事は副作用の発症率ではないでしょうか。とても心配な問題ですが、プロペシア添付文書によると副作用として性欲減退については2パーセントを切る結果が記載されています。

 

以外にとても低い数字という事が分かります。心配し過ぎてストレスを抱えても発毛・育毛に良くないですし、薄毛治療薬としての効果が期待できるものなので深刻に考える必要は無いでしょう。

 

副作用2 勃起不全

「プロペシアを服用しているとEDになる」は思い込み?という位その発症率は非常に低く、1.5パーセントを下回っています。これは性欲減退の副作用よりさらに低い数字となっていますので、そこまで心配する必要はありません。

 

 

思い込みで効果が出たと実感してしまった経験は無いでしょうか?これは「プラシーボ効果」と呼ばれており、別名「偽薬効果」とも呼ばれています。
例えば、風邪をひいている人が何の効果も無い錠剤を「風邪薬」と思って服用したところ実際に熱が下がったりする事です。

 

このように単なる思い込みで効果を発揮する事は良くも悪くも日常生活の至る所で体験しています。

 

実際には副作用が起こっていないにも関わらず「これを飲むとEDになってしまうのでは」と副作用の心配をし過ぎる事によって次第に精力が無くなり、あたかも薬を服用した事によって精力が下がったと感じてしまう事もあります。

 

「病は気から」の言葉もあるように心配し過ぎない事が大切です。また、良い方向へ思い込む事によって良い結果を得る可能性も有るのですから何事もポジティブに思考していきましょう。

 

副作用3 精子減少

フィナステリドは酵素を抑制し薄毛を引き起こす男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を間接的に減らしています。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)は母親の胎内にいる時は男性としての体の発達を促す重要な役割をするものですが、大人になるにつれて多くの男性とって悪玉ホルモンになってしまいます。

 

しかし、男性の薄毛の原因として悪玉ホルモン扱いされているDHT(ジヒドロテストステロン)ですが精子をつくる役目もあります。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)を減らすという事は同時に精子をつくる活動も抑制しているという事になりますから精子減少という副作用を起こしても不思議では無いのです。
これから赤ちゃんを作ろうと考えている方は妊娠確立を下げる可能性もありますので、一旦薬の服用を控えましょう。

 

副作用4 胎児への影響

プロペシアを服用していればフィナステリドは微量ながら精液に含まれています。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすのではないかといった心配があります。

 

可能性が無いとは言い切れませんが、まず影響は無いと言われていますので服用したままでも良いでしょう。それでも可能性が少しでもあるのなら服用を一時止めるという方もいますが、そこは個人の判断が必要になります。

 

 

そもそも男性と薄毛の原因が異なる女性がプロペシアを服用しても効果があるどころか、ホルモンバランスが崩れて体に悪影響を及ぼす可能性があるので絶対に服用してはいけません。

 

もし、おなかに赤ちゃんがいる女性がフィナステリドを服用した場合、フィナステリドは血液に溶け込み赤ちゃんに影響を及ぼし異常を引き起こす可能性があります。

 

 

また女性がプロペシアの錠剤に触れてしまっただけでも皮膚からフィナステリドが吸収されてしまい様々な副作用が生じてしまいますので取り扱いには十分注意が必要です。

 

副作用5 うつ病

うつ病の副作用について科学的根拠はありませんが、プロペシアを服用した人でうつの症状が出たという事例が報告されています。ではなぜうつ病になる可能性があるのでしょうか。

 

フィナステリドが男性ホルモンを抑制する事で薄毛治療に効果を発揮しているのですが、同時に神経活性ステロイドという物質も減少させてしまいます。

 

この神経活性ステロイドは気持ちを前向きにしてやる気を促すという働きがあります。この物質が減少する事によって自律神経のバランスが崩れうつ病になるのではと考えられています。

 

副作用6 肝機能障害

肝機能障害の発生率は他の薬と比べて少ないと言えます。

 

どんな薬にも副作用はあり、少なからず肝臓にも負担をかけています。それでも服用するにあたっては肝臓への影響を知っておくに越した事は無いので覚えておきましょう。

 

尿の色がいつもより濃くなったり、やる気が出ず体がだるい、他にも微熱が続く、吐き気や食欲不振といった症状が出た場合は肝臓に負担がかかっている状態ですのですぐに服用を中止して下さい。

 

フィナステリド服用の前に
● 心配症の人
あまりに心配症の方、ネガティブ思考の方はフィナステリドの服用について控えたほうが良いかもしれません。というのもフィナステリドの副作用の発症原因に精神的要因があり、副作用の心配をし過ぎて体調を悪くされる方もいるからです。

 

● これから赤ちゃんを作ろうと考えている人
これから子作りに励もうと考えている方はフィナステリドの服用は控えた方が良いでしょう。なぜならフィナステリドの副作用に精子減少の可能性がある事からです。精子が減少すれば受精する確率も低くなってしまいますので子作り期間中の服用は控えた方が良いでしょう。

 

フィナステリドの副作用について色々見てきましたが、服用するのであれば副作用のリスクは覚悟しなければなりません。しかし、その発症率は非常に低く過度な心配は必要無いと言えます。むしろ思い込みによる影響が大きい事を考えるとあまり神経質にならない事が大切です。

 

 

そのため、”健康的”に”育毛”をするなら、
・ミノキシジルが入っていない
・塗るタイプorかけるタイプ
の育毛剤・発毛剤をおすすめランキングから選び、使用することをおすすめします。

発毛剤による血管拡張

発毛剤ランキング

発毛剤には、色々な種類があります。その中の1つは、血行に関わるものです。
髪の毛というのは、栄養分がとても大事です。

 

髪の毛がすくすくと育ってくれるためには、栄養分の量に左右される一面があります。栄養分が多ければ、その分すくすくと育ってくれる事でしょう。しかしそれが少ないと、ちょっと抜け毛が発生しやすくなる訳ですね。

 

では髪の毛に対してどのように栄養分が補給されるかというと、血管なのです。

 

血管というのは、体の色々な箇所に対して栄養分を運搬している役割があります。
その血管が詰まっていたりしますと、なかなか栄養分が行き渡りません。

 

 

髪の毛もそれは同様です。このため血管に対する不具合は、髪の毛に対する悪影響を及ぼしかねません。

 

ではどのようにすればその血管の不具合を改善できるかというと、その方法の1つが発毛剤です。
発毛剤の中には、血管を拡張してくれるタイプが見られます。拡張してくれれば、血管の詰まりなどが発生しづらくなるのです。

 

 

ひいてはそれが髪の毛に対する栄養補給を促進する事になりますので、髪の毛がすくすくと育ちやすくなる訳ですね。

 

 

このため「最近髪の毛が弱々しい気がする」と思っている場合には、血管を拡張してくれるタイプの発毛剤を利用してみると良いでしょう。

 

当サイトのランキング内にある、ナノアクションDが頭皮のケア部門では1位のポイントを獲得しておりますので、皮脂や頭皮の事であれば、部門別ランキング1位としてナノアクションDをおすすめします。


発毛剤を使うべきタイミング

発毛剤おすすめランキング案内人

発毛剤は、使うタイミングは大事だと思います。良いタイミングに使えば、効果も発揮されやすいものだからです。

 

 

例えば、飲み薬のタイプの発毛剤の場合は食後が良いと言われています。
というのも食後のタイミングは、体の吸収能力が盛んになっているケースがとても多いのです。したがって平常時にその発毛剤を飲むよりも、食後のタイミングみて飲む方が効果も発揮されやすいでしょう。

 

 

逆に寝る前のタイミングは、その発毛剤は飲まない方が良いと言われています。
血圧の問題がありますので、できれば寝る前は控えておいた方が良いです。

 

ただ、飲み薬ですと配合されている成分の副作用が出たり人によっては合わなかったりする可能性が高いので、現在の主流は頭皮に振りかけるものが一番効果が高いと言われています。

 

発毛剤には、髪の毛に塗るタイプのものも有りますね。塗るタイプの場合は、やはり頭皮が清潔になっているタイミングが一番良いでしょう。

 

 

頭皮が不潔な状態ですと、発毛剤が効果を発揮しづらくなってしまう場合があるのです。

 

 

このため塗るタイプの発毛剤を利用するのは、入浴後がベストだと思います。
シャンプーなどで頭皮の汚れを除去できていれば、発毛剤は根元に届きやすくなるでしょう。

 

 

当然ですが、入浴前に発毛剤を利用してもあまり意味は無いと思いますね。シャンプーにより発毛剤が落ちてしまうからです。
このように発毛剤というのは、使用タイミングが大事です。

発毛を妨げてしまう行動や食べ物

発毛を妨げる原因となるものにはお酒にタバコ、塩分、脂分など一般的な人が嗜好するものが多く挙げられます。ではなぜ髪の毛に良くないのか、お酒から見ていきましょう。

 

発毛と生活習慣

 

確かにお酒の飲みすぎは体に良くありません。誰にでも理解出来る事ですよね。過剰摂取したアルコールを分解する為に頭皮に送るはずだった栄養分まで消費してしまうからです。

 

 

しかし、適量ならお酒は体に良いものです。なぜなら適量のお酒は動脈硬化を防いで善玉コレステロールを増加させる効果があるからです。

 

適量の飲酒は血液循環を良くしますので血液から送られてくる栄養分が頭皮に行き渡るようになります。また薄毛の原因であるストレスの解消にも効果があると考えられます。

 

 

次はタバコについてです。喫煙によってニコチンが体に吸収されると血管が収縮します。毛細血管も細くなる為、髪の毛の成長に必要な栄養分が頭皮に十分に送られない状態になってしまいます。

 

また、喫煙する事で薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)等の男性ホルモンを増加させるという研究報告もあります。

 

 

最後に食べ物についてですが、一般的においしいと言われている食べ物は髪の毛には良くないと考えられます。塩分・脂分を多く含んでいる為です。

 

ではなぜ塩分が発毛を妨げるのでしょうか。塩分を摂りすぎると血中水分量が増え高血圧を引き起こします。従って毛細血管の血流が悪くなることで頭皮へ血液が流れにくくなり髪の毛に必要な栄養分が届かなくなってしまいます。

 

 

しかし食生活ですから完全に断つというのはストレスとなり返って悪影響になりかねませんので食べ過ぎに注意するという事で良いのではないのでしょうか。
規則正しい生活とバランスのとれた食事で頭皮環境の改善に努めましょう。

 

 

薄毛・抜け毛に悩まなくなる食事

育毛・発毛を始めるなら、発毛剤・育毛剤を使用すると同時に、生活習慣や食生活を見直す事が大切です。

 

育毛剤・発毛剤を使用すると同時に、身体の中から健康にしていくことで、さらに効果が増します。効果がしてしまうのです。毎日の食事を見直してみましょう。

 

 

日頃の生活習慣を改善する事は発毛・育毛を促進する為に最も有効です。
発毛・育毛に限らずどんな病気の予防にも生活習慣は大事な事と言われています。

 

しかし生活習慣を改善しても、その効果をはっきりと感じる事はなかなかありません。だからと言って生活習慣を疎かにしていると薄毛を克服する事はできません。
それでは発毛・育毛を促す食べ物から見ていきましょう。

 

 

発毛・育毛の基本は食事で栄養をきちんと摂取する事です。
そもそも髪の毛は何でできているのでしょう。答えは「ケラチナミン」というタンパク質で形成されています。従って大豆等の良質なタンパク質を多く摂取するようにしましょう。

 

 

そしてタンパク質摂取の効果を高める為にビタミンも必要になります。
緑黄色野菜でビタミンA、次にアミノ酸の代謝に必要なビタミンB、カルシウムの吸収を良くするビタミンD、そして亜鉛等のミネラルを補給して栄養を髪の毛に届けてあげましょう。

 

 

次は睡眠について見ていきます。
睡眠不足は薄毛や抜け毛の原因にもなります。ではなぜ睡眠と髪の毛が関係あるのでしょう。
人間は睡眠をとる事で脳や体の疲れを回復したり、成長ホルモンを分泌して肌や髪の毛、筋肉を修復しています。

 

 

この成長ホルモンによって修復される体の組織のひとつが髪の毛であり、この成長ホルモンの分泌が最も活発になる時間帯が午後10時から午前2時と言われています。この時間帯にしっかりと睡眠をとる事が頭皮の健康状態を良くするポイントです。

 

 

髪の毛をつくる頭皮の毛根を働かせるためには十分な睡眠が必要です。
睡眠不足は血管を収縮させる為、頭皮の血行不良を引き起こし毛根の働きを低下させてしまいます。このように見ていくと、髪の毛にとって、いかに食事と睡眠が大切か理解してもらえたのではないでしょうか。

【発毛を促進する成分表】
●タンパク質(髪の成分) 大豆、大豆製品、青魚、鶏肉、卵、乳製品
●ビタミンA(血液の循環促進) カボチャ、ニンジン、ほうれん草、ブロッコリー、卵、ニラ、鳥レバー
●ビタミンB(頭皮の新陳代謝を活性化) マグロ、カツオ、アジ、サバ、大豆、大豆製品、いわし、バナナ、チーズ
●ビタミンE(血液の循環促進) ナッツ類、ごま、玄米
●亜鉛(脱毛抑制) 牡蠣」、アーモンド、卵黄、牛赤身、豚レバー、イワシ、うなぎ、緑茶
●ヨード(脱毛抑制) 海藻類、貝類、レバー

 

発毛促進効果ランキング

頭皮や髪に良いとされるのはビタミン・ミネラルで、緑黄色野菜や果物、海藻などから摂取することができます。朝食の際に果物をとり入れてみたり、緑黄色野菜を使ったスープなら簡単に手作りすることができます。

 

 

更に髪の成分であるタンパク質をしっかりと補うことも、育毛・発毛を考える上では欠かせません。卵や豆腐などの大豆製品、鳥のささみや白身魚などが代表的な食材です。

 

 

髪の毛は、「ケラチン」というタンパク質でできています。
よって、まずはタンパク質をたくさん摂ることが頭皮ケアや薄毛にとって大事です。

 

発毛ランキングと食事

そのタンパク質の代表といえるのが、「大豆」です。

 

味噌・豆腐・納豆など多くの食品に使われており、毎日食べても飽きにくい食材です。
「豆腐や納豆に、唐辛子をまぶす」という食べ方が効果的ですが、唐辛子は非常に刺激が強いため、食べすぎないようにしましょう。

 

 

最近の食事は欧米化が進み、レトルト食品やインスタント食品、またファストフードやコンビニ弁当など手軽な食事が中心になっている人も多いことでしょうが、育毛発毛と言う観点からすればこれらの食品を多用することは将来薄毛に悩む確率がとても高いのです。

 

栄養が不足する上に、食べ過ぎると育毛に欠かせないビタミンやミネラルを破壊してしまうこともあるのです。

 

 

発毛ランキングとビタミン

タンパク質と並んで重要なのが、「ビタミン」です。

タンパク質の分解および合成には、ビタミンが欠かせないからです。
ビタミンAを含んでいるのは、カボチャ・人参・ほうれん草などの緑黄色野菜です。

 

 

ただし、ビタミンAは熱に弱いので、サラダで食べるのがおすすめです。
ビタミンBは、サバ・カツオ・マグロなどの青魚に多く含まれています。

 

 

これらはビタミンBだけでなく、「大豆と同じくらい高タンパク」であり、消化もよいという優れた食材です。
また、これらには、カルシウムの吸収効率を高める「ビタミンD」も含まれています。
これも、健康な髪を作るには不可欠な成分です。

 

 

そして、亜鉛や銅などのミネラルも重要です。
特に、亜鉛には脱毛を抑える働きがあるといわれています。
上記の青魚の他、牡蠣や緑茶などに含まれているので、積極的に摂っていくことで薄毛を防ぎましょう。

 

 

忙しく毎日を送っているとつい食事は簡単になってしましますが、それが薄毛を助長していることを忘れないようにしましょう。

 

将来嘆かないためには、手作りの食事、栄養バランスの良い食事はとても大切な事なのです。

 

 

どうしても栄養が不足しがちな方は、サプリメントで補給するのも一つの方法です。これなら毎日でも続けられますね。サプリメントを利用するなら亜鉛も髪に必要な成分なので、それも取り入れて見ると良いでしょう。

発毛剤を使用してどのくらいで効果が出るか

発毛比較ランキング

頭の髪の毛が一般の人よりも少なくて薄いとどうしても自分の印象が悪くなってしまいます。
そのため薄毛になってしまった人はできるだけ早めに解消をしたいという思いを持ちます。

 

 

薄毛を解消をするための方法もいくつかの方法がありますが、その中でも当サイトのランキングにも入っている育毛剤・発毛剤を利用する人が多いです。

 

 

育毛剤・発毛剤とは髪の毛が生えてきやすくなる成分が入っている薬のことをいい、これを一定の期間使用し続けることによって頭の髪の毛の量を増やすことができ、薄毛を解消することができます。

 

 

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進等に効果がある発毛剤は成分をよく知って、自分にあったものを選ぶことが大切です。

 

薄毛ケアランキング

 

そして育毛剤を使用することによってどのくらいで効果が出るのかということは誰もが気になるところですが、人によって多少の差はあるものの平均的に半年から1年程度くらいで効果が出ます。

 

 

そのため育毛剤・発毛剤を使用してすぐに効果が出るわけではないので、長い目を持って使用する必要があると言えます。

 

 

なぜ育毛剤を使用して効果が出るまで半年から1年程度かかってしまうのかというと髪の毛が生えてきてから抜けるまでの期間があるからです。

 

 

そのため新しい髪の毛が生えてくるまでどうしてもある程度の期間が必要となり、その期間に継続して育毛剤を使用しないと効果が出ないからです。

 

「すぐに生えてきます!」

 

という宣伝文句で売っている育毛剤・発毛剤はまず疑ってください。

 

 

物理的にすぐ生えることは不可能ですし、仮に生えてくるとしても、相当体や頭皮に負担がかかり、副作用が出ること必至です。

 

 

そのため薄毛を解消するために育毛剤を使用する場合は半年から1年程度は使い続けるような気持ちを持つことが大切です。

 

薄毛の人

発毛剤を使用しながら、ストレスをためないことが大切です。

 

ストレス社会で全くストレスがないという人は珍しい世の中ですが、ストレスで体調を崩すこともあるし、ストレスが頭髪に及ばす影響もあります。

 

 

ストレスで緊張すると、筋肉は収縮して毛管が細くなり、毛根部に栄養が十分運ばれなくなり毛髪が育たなくなります。

 

 

ストレスをためずに、体全体の代謝バランスを整えることが髪には必要です。
自分にあった発毛剤を使用し、ストレスをためないような生活をすると、必ず発毛効果は出てくるはずです。

 

 

自分も抜け毛がひどい時は、かなりのストレスを抱えて生活してました。発毛剤を1日2回使用し、ストレスをなるべくためないように努力していったら2〜3ヶ月で発毛効果が出てきました。

 

発毛剤をつけ、地肌を傷つけないようにマッサージをすると気分も良いしストレスも減少してくると思います。


抜け毛対策は頭皮ケアも一緒に

人の髪の毛の抜ける量が多いと薄毛になってしまうのではないかと不安になってしまうことが多いです。
そのため少しでも自分の抜け毛の量を少なくするために抜け毛対策をしたいと考える人も少なくありません。

 

薄毛頭皮の悩み

 

そこで抜け毛対策をするにはどのようなことをすればいいのかというとまず思い浮かぶのが発毛剤・育毛剤を使用することです。

 

 

当サイトのおすすめランキングで紹介している発毛剤・育毛剤には、髪の毛が生えてくる効果のある成分が入っているのでこれを使用することによってよりしっかりした髪の毛が生えてくるようになり、髪の毛が抜けにくくなるのでこれによって抜け毛を予防することができます。

 

 

しかし発毛剤・育毛剤には副作用があったり、また自分の体質に合わない場合も無くはないです。
これはしっかりと選ぶ必要があります。

 

現在ですとランキング1位のチャップアップ(CHAP UP)が副作用のない育毛・発毛剤として有名かつ効果が認められています

 

 

そこで抜け毛対策をするのであれば頭皮ケアも同時に始めるのがいいでしょう。

 

頭皮ケアであれば自分の体に害をもたらす可能性は皆無なので安心してすることができます。

 

 

また抜け毛の原因は結構頭皮の不備にあったりすることが多いです。
そのため髪の毛を洗うときはしっかりと汚れを落として頭皮を綺麗にしたり、また頭皮に優しくて刺激の少ないシャンプーを利用して髪の毛を洗うようにするといいでしょう。

発毛剤は試してみることが大事

薄毛頭皮のケア成分

発毛剤は種類もいろいろあってどれを使ったらいいのかと困惑する人も少なく有りません。

 

実際のところ、効果があるのは余り少なく無いということも会ってそれに加えてお値段がお高いので継続して使っていて本当に効果があるのか悩むこともあるでしょう。

 

そういったときはとにかく色々と試してみるということをおすすめします。

 

 

こういった色々な発毛剤を試してみると自分の髪の特性もよくわかってきて何が合っているのかということがよくよくわかってくるのです。

 

わからない方は、まずは当サイトの効果ランキングから選んで使ってみるとまず間違いありません。

 

比較効果ランキング

それとともに、こういったことを繰り返すと発毛剤に対する知識も深まってより効果的に育毛剤・発毛剤を選べるようにもなってくるのです。

 

こうなればしめたもので発毛剤選びに悩まなくなります。

 

 

また、色々と発毛剤を試していると、髪自体が強力になったりといった予想外の効果を得られることもあります。
髪の毛で試すのが怖い時はヒゲでもいいですから、とにかく色々やってみることがいいのです。

 

 

自分にどの発毛剤が合うか迷ったら、まずは口コミランキングで上位にランクインされているものを使ってみることをおすすめします。まず変なものはありません。

 

 

こういったことを通して本当に自分のためににあるものを見つけられるばかりか、人にも進められるものを見つけることが出来るでしょう。

 

発毛剤ランキングTOPに戻る

AGAについて

AGAの薄毛

薄毛を指摘されて鏡の前で自分の顔をじっと眺めてみると確かに薄くなった気がする。
自分なりに入念にケアしてきたつもりなのに・・・。薄毛の家系の人は遺伝なので仕方ないなんて思っていませんか?

 

 

「薄毛は遺伝する」
否定はできませんが薄毛の要因は遺伝によるものだけではありません。
AGAという言葉をCMで聞いたことがあると思いますが、そもそもAGAって何でしょう?

 

 

AGAとは「男性型脱毛症」の意味で成人男性によく見られる髪が薄くなる状態の事です。
AGAの脱毛パターンには特徴があります。額の生え際から後退していくタイプや頭頂部から薄くなるタイプ、2か所同時に薄毛が進行していくタイプ等です。

 

 

ではなぜ薄毛になってしまうのでしょうか?
AGAの脱毛部にはジヒドロテストステロンという物質が高濃度にみられます。これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

 

髪の毛の成長期が短くなるという事は髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうという事です。このように髪の毛が十分に育たず、細く短い髪の毛しかない状態になってしまうとどうしても薄毛が目立つ印象になってしまいます。

 

 

「さあ発毛剤を買って薄毛を改善するぞ」と意気込む前にちょっと待って下さい。

 

発毛剤を買う前に知っておくべき事があります。それはまずご自身の薄毛の原因をしっかりと把握する必要があります。では薄毛の原因がAGAの場合について見ていきましょう。

 

 

AGAの人は額の生え際や頭頂部のどちらか一方、もしくは両方から薄毛が進行していきます。何もせずに放っておけば髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。
AGAの進行した最終形態は両耳の上から後頭部にかけての髪の毛以外は全て抜け落ちた状態になります。

 

 

AGAの主な原因は男性ホルモンや遺伝の影響によるものと考えられています。AGAとはこれらの悪玉ホルモンの原因により髪の毛の成長を妨げる疾患なのです。

 

 

それでは悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロンとは一体何なのでしょう。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが変換されて出来た強力な男性ホルモンがジヒドロテストステロンです。

 

テストステロンの作用とは生殖器の増大や骨格・筋肉の成長など男性らしさを促進する働きをするものですが、これに対してジヒドロテストステロンの作用には良いものは無く、その中に問題の薄毛があります。

 

 

この事からAGAを治したいのであれば、ジヒドロテストステロンを生成させないようにする必要があります。従って薄毛の原因がAGAである場合にはジヒドロテストステロンの発生を抑える効果のある薬剤を選択しなければ全く効果が無いのです。

 

 

男性がなりやすい薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)です。
原因として男性ホルモンの過剰分泌や生活習慣の乱れ等が挙げられます。

 

このAGAを克服する為には生活習慣を見直した上で、薄毛の原因として最も大きな要因として考えられている男性ホルモンの作用を抑える必要があります。

 

 

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりする事で薄毛の原因となっている訳ですが、このジヒドロテストステロンを抑制する事がAGA治療にとって大切です。

 

 

それが出来なければたとえ発毛剤によって髪の毛が増えたとしても、それは一時的なものであり根本的な解決にはなっていません。再び時間の経過と共に薄毛が徐々に進行していく事でしょう。

 

 

M字ハゲをはじめ、頭頂部や生え際の薄毛を引き起こすAGA(男性型脱毛症)の原因が体内の男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの作用によって髪の毛の成長を阻害するものである為、これを抑制する必要があります。

 

 

もし薄毛の原因がAGAでないのであれば、発毛剤を使用し毛母細胞に十分な栄養補給を行って発毛を促進していきましょう。